スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】バッテリー交換時はデータが消える?消えない?

【iPhone】バッテリー交換時はデータが消える?消えない?

この記事は公開日から1年以上が経過しています。

非正規の街中で見かける修理店での交換の場合

街中の修理店でバッテリーだけを交換する場合もデータが消えてしまうかどうかは、修理をする担当者の腕次第となります。

正規の修理店では、内部に異常がないか確認することがありますが、非正規の修理店ではバッテリーだけを交換します。

正規の修理店と同じく、担当した人がバッテリー以外の部品に傷をつけてしまった場合には、消えてしまうことがあるのです。

事前に大切なデータをバックアップしておくと、万が一消えてしまった場合でも復元することができるので、バックアップを取っておくことが大事です!

iPhoneバッテリー交換前にデータをバックアップしよう!

これまで、バッテリーを交換するときにデータが消えてしまう可能性があることをお話してきました。

バッテリーの交換をする前にデータのバックアップを以下の3つの方法で取っておきましょう。

  • 【iPhone】iCloudを使ってバックアップ
  • 【Mac、Windows】iTunesを使ってバックアップ
  • 【Mac】Finderを使ってバックアップ

Macの最新のOS「Catalina」では、iTunesがなくなりFinderでのバックアップとなります。

【iPhone】iCloudを使ってバックアップ

iPhoneの本体からバックアップを取る場合には、以下の手順で操作してください。

歯車マークの「設定」アプリを開いて、1番上の「自分の名前」をタッチします。

App Store 設定 名前

上から5番目の白い四角に雲のマークの「iCloud」をタッチしましょう。

App Store iCloud クリック

「ICLOUDを使用しているApp」の1番下にある緑色の矢印マークの「iCloudバックアップ」を選択します。

App Store iCloudバックアップ 選択

青色の文字の「今すぐバックアップを作成」をタッチするとバックアップが始まります。

App Store バックアップ作成

【Mac・Windows】iTunesを使ってバックアップ

パソコンで「iTunes」を開き、パソコンとiPhoneをUSBケーブルを繋いで読み込みをします。

画面左側のミュージックやムービーなどのフォルダの上の方に「概要」という項目があるので、クリックしましょう。

「バックアップ」の中に「今すぐバックアップ」というボタンがあり、そこをクリックをするとバックアップが開始します。

「今すぐバックアップ」ボタンの横に、iCloudのデータを保存するか、本体に入っているすべてのデータを保存するかチェックを入れられる項目があります。

LINEなどの履歴も残したい方はすべてのデータを保存するを選んでバックアップをしましょう!

【Mac】Finderを使ってバックアップ

Macの最新OS「Catalina」にアップデートした人は、Finderを使ってバックアップをしましょう!

iTunesがなくなり、Finderを経由してバックアップを取ります。

青と白の顔のFinderのアイコンをクリックしてiPhoneをUSBケーブルで繋ぎます。

App Store Finder クリック

iPhoneを繋げると、画面の左側の「よく使う場所」と「iCloud」の下に「場所」という項目が表示されます。

「場所」の下にスマホのマークに「○○○のiPhone」と表示されているので、そこをクリックしましょう。

「一般」をタップすると右側にソフトウェアのバージョンやバックアップの詳細が表示されるので、「今すぐバックアップ」のボタンをクリックします。

App Store 名前 クリック

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。