『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】連絡先が消えた!原因と復元方法を徹底解説!

【iPhone】連絡先が消えた!原因と復元方法を徹底解説!

【iPhone】連絡先が消えた?まずはこれだけ試してみよう!

iPhoneの連絡先が消えた時は、まず以下の5つの対処法を順番に試してみましょう。

  • iPhoneを再起動
  • 連絡先のグループのiCloudを確認
  • iCloudの設定で連絡先のON・OFFを切り替える
  • 連絡先へのアクセスをオンにする(電話帳アプリを使っている場合)

では、以上の5つの対処法をそれぞれ詳しく見ていきます。

iPhoneを再起動してみよう

iPhoneの連絡先が消えてしまった時は、まずiPhoneの再起動を試してみましょう。

端末の一時的な不具合が原因で消えてしまった場合は、再起動するだけで不具合が解消されることが多いので一度試してみて下さい。

では、iPhoneを再起動する時の操作手順を機種別にご紹介していきます。

iPhone X、11の場合

  1. 端末の側面にあるいずれか片方の音量調節ボタンとサイドボタンを同時に長押しする
  2. 「スライドで電源オフ」と表示されたら、左から右へスライドさせて電源を切る
  3. 電源が切れたら、Appleのロゴが表示されるまでサイドボタンを長押しす。

出典:Apple公式サイト

iPhone SE(第2世代)、8、7、6の場合

  1. 端末の側面にあるサイドボタンを長押しする
  2. 「スライドで電源オフ」と表示されたら、左から右へスライドさせて電源を切る
  3. 電源が切れたら、Appleのロゴが表示されるまでサイドボタンを長押しする

出典:Apple公式サイト

iPhone SE(第1世代)、5以前の場合

  1. 端末の上部にあるトップボタンを長押しする
  2. 「スライドで電源オフ」と表示されたら、左から右へスライドさせて電源を切る
  3. 電源が切れたら、Appleのロゴが表示されるまでトップボタンを長押しする

出典:Apple公式サイト

連絡先のグループを確認

連絡先を開いて画面左上に「グループ」が表示されている場合は、そこをタップしてみましょう。

すると、連絡先のグループが一覧で表示されるので、全てのグループにチェックマークが入っているか確認して下さい。

チェックマークが入っていないとデータ自体は残っていても連絡先に表示されません。

iCloudの設定で連絡先のON・OFFを切り替える

連絡先が全て消えてしまった場合は、iCloudの設定で連絡先のON/OFFを切り替えてみましょう。

ON・OFFを切り替える時は、以下の手順で操作を行って下さい。

<操作手順>
「設定」を開いたら、一番上に表示されているユーザー名をタップします。

ユーザー名をタップ

Apple IDの管理画面を開いたら、「iCloud」をタップしましょう。

「iCloud」をタップ

「ICLOUDを使用しているAPP」の「連絡先」の右横のトグルスイッチをタップしてオフに切り替えて下さい。

「連絡先」の右横のトグルスイッチをタップ

「iPhoneから削除」を選択します(端末から連絡先が消えてしまっているので、削除しても構いません)。

「iPhoneから削除」を選択

そしたら、もう一度「連絡先」の右横のトグルスイッチをタップしてオンに切り替えましょう。

そうすれば、iCloudに保存されている連絡先が表示されるようになります。

連絡先へのアクセスをオンにする(電話帳アプリを使っている場合)

App Storeからインストールした電話帳アプリで連絡先のデータが表示されない場合は、連絡先へのアクセスが許可されていないのが原因です。

そのため、以下の手順で操作を行って、連絡先へのアクセス設定をオンに切り替えて下さい。

<操作手順>
「設定」を開いたら、「プライバシー」をタップします。

「プライバシー」をタップ

プライバシーの設定画面を開いたら、「連絡先」をタップしましょう。

「連絡先」をタップ

連絡先にアクセスできるアプリの右横にあるトグルスイッチをタップして、設定をオンに切り替えて下さい。

アクセスを許可する

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。