『かわいい』が生まれる場所。

【Facebook】アカウントを削除したい!利用解除との違いは?

【Facebook】アカウントを削除したい!利用解除との違いは?

世界で最も人気と知名度があるSNSとして、多くのユーザーが利用しているFacebookです。

有名人から一般人に至るまで、幅広い階層の人に支持されています。

しかし、近年では他のSNSの影響もあってか、Facebookを退会してアカウントを削除したいという人が増えています。

Facebookの削除や退会はできるのでしょうか。

この記事で、Facebookアカウントの削除や退会について、詳しく解説します。

【Facebook】アカウント削除と利用解除について

Facebookの公式ニュースルームによると、Facebookのアクティブユーザー数は、世界中で26億人以上に上るそうです。

しかしその反面、若者たちを中心にFacebook離れが生じています。

インスタやTwitterのユーザー数が増えてきており、Facebookを使っていた人も、最近ではページを開かない人も多いと言います。

日本でも、多くのFacebookユーザーがアカウントを削除しようか悩んでいるようです。

では、Facebookの利用をやめてアカウントを削除するには、どうすれば良いのでしょうか?

アカウント削除・退会と利用解除・停止の違いは?

Facebookのアカウント削除には、「アカウント削除・退会」と「アカウントの利用解除・停止」の2種類があります。

アカウント削除・退会とは、Facebookから完全に自分のアカウントの痕跡を消し去ることです。

そして一度アカウントを削除すると、二度と復活できません。

一方、アカウントの利用解除・停止とは、アカウントの復活の希望を残して削除するということです。

自分のアカウントデータはすべて保存されるため、後になってFacebookアカウントの利用を再度始めたくなっても、以前のデータをそのまま引き継ぐことができます。

アカウントを削除すると何が起こる?

Facebookアカウントを削除し退会すると、以下のことが起こります。

POINT

  • アカウント復活が不可能になる
  • 個人情報(写真、動画、投稿、プロフィールなど)が消去される
  • Facebook Messengerの利用が停止する
  • Facebook以外の外部サービスからのログインが停止される

以前と同じアカウントを復活することは不可能みたいです。

そのため、アカウントを削除・退会しようと思っている人も、もう一度よく考えてみてくださいね。

アカウントを利用解除する影響は?

Facebookアカウントを利用解除した場合は、

  • 第三者によるアカウント閲覧ができない
  • 個人情報(写真、動画、投稿、プロフィールなど)が維持される
  • Facebook Messengerは利用できる
  • Facebook以外の外部サービスからのログインが可能
  • アカウント復活が可能

となります。

アカウントを再開させることを考えて、最小限の規制がかかります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。