『かわいい』が生まれる場所。

【お薬手帳アプリ】人気はどれ?女性に嬉しい機能もいっぱい!

【お薬手帳アプリ】人気はどれ?女性に嬉しい機能もいっぱい!

オススメ!人気のお薬手帳アプリ《薬局と提携》

最近は、数多くの企業がお薬手帳アプリを配信していますが、その中でも特に人気の高いアプリを2つ紹介します。

【EPARKお薬手帳】カンタン登録!バックアップもばっちり!

「EPARKお薬手帳」は、人気施設の予約・順番受付サイトでお馴染みの「EPARK」が提供しているお薬手帳アプリです。

このアプリは、EPARKアカウントにログインするだけで簡単に登録でき、処方箋の写真をアプリから薬局へ送信しておくことで、お薬を受け取るまでの待ち時間を短縮できるのが魅力的なポイントです。

QRコードや写真、手入力で簡単にお薬情報を登録でき、登録したお薬情報は自動的にバックアップされるので、スマホが壊れてしまってもデータを失うことはありません。

また、お薬情報の登録やかかりつけ薬局の登録などを行うとEPARKポイントが貯まり、そのポイントはEPARK加盟店で使えるクーポンと交換できます。

デメリットとしては、他のお薬手帳アプリと比べてヘルスケアに関する情報が載っていない点が挙げられます。

POINT

  • 処方箋を撮影して送信すれば、待ち時間を短縮できる
  • 登録したお薬の情報は自動的にバックアップされる
  • アプリを利用するとEPARKポイントが貯まる

【日薬eお薬手帳】一般的な機能を網羅した定番アプリ!

「日薬eお薬手帳」は、公益社団法人の日本薬剤師会が提供しているお薬手帳アプリです。

QRコードの読み込みか手入力でお薬の情報を登録でき、既往歴や副作用歴、アレルギー情報も細かく登録できます。

他にも、処方箋情報の送信機能やバックアップ機能といった一般的な機能はひと通り備わっており、デザインもシンプルなので、まさに定番のお薬手帳アプリだと言えるでしょう。

ちなみに、このアプリは電子お薬手帳相互閲覧サービスの「e薬Link」に対応しているため、薬剤師にスマホを預けなくても、お薬情報を見てもらうことができます。

デメリットとしては、近くの薬局を検索する時、大手の薬局が検索結果に表示されにくいという点が挙げられます。

POINT

  • QRコードの読み取り機能、処方箋情報の送信機能、バックアップ機能などの一般的な機能がひと通り備わっている
  • 電子お薬手帳相互閲覧サービスの「e薬Link」に対応している
  • 大手の薬局は探しにくいが、小規模の薬局は探しやすい

便利な機能が人気!お薬手帳アプリ《シンプル・多機能》

次に、デザインや操作性がシンプルなアプリと、便利な機能が充実しているアプリを3つ紹介します。

【お薬手帳プラス】健康情報を管理ができる機能が!

「お薬手帳プラス」は、調剤薬局のチェーン大手「日本調剤」が提供しているお薬手帳アプリです。

このアプリは、服用しているお薬の管理や処方箋情報の送信が行えるのはもちろん、体重やBMI、血圧、脈拍、血糖値などの健康情報を一括で管理できるのが魅力的なポイント。

グラフを作成すれば数値の変化を一目で把握できるので、ヘルスケアアプリとしても使えちゃいます。

登録次第では日本調剤で扱っているお薬以外も検索できるので、ぜひ試してみてください。

POINT

  • お薬情報に加えて、体重やBMI、血圧などの健康情報を管理できる
  • ヘルスケアに関するコンテンツが豊富

【harmo】多機能で充実!ダイエットもできちゃう!

「harmo」は、「シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社」が提供しているお薬手帳アプリです。

このアプリでは、自分や家族の服用履歴や健康状態をスマホで管理できたり、お薬の効果や副作用、注意点、健康にまつわる情報を調べることができます。

また、harmoでは専用のICカードを利用する「カード会員」と、アプリを使って利用する「ライト会員」の2つの会員制度を導入しています。

カード会員になれば、スマホがなくても加盟店の薬局に設置してある端末にカードをタッチさせるだけで、薬剤師にお薬の情報を見てもらえます。

また、処方されたお薬の情報を自動的に登録してくれるのでとても便利ですよ。

POINT

  • harmoカードをタッチするだけでお薬の情報を薬剤師に見てもらえる
  • ヘルスケアに関するコンテンツが豊富
  • 処方箋情報の送信機能が付いていない

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。