『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone SE】2020年の新型!価格や特徴・容量を知りたい!

【iPhone SE】2020年の新型!価格や特徴・容量を知りたい!

今では毎年のように進化を遂げているiPhone。

2020年も新たにiPhone SEが誕生し世間の注目を集めています。

そんなiPhone SEは1つ前のiPhone 11やXと違い、昔のiPhoneに近い形で登場しました。

ホームボタンも再現されて、サイズ感も8に近い形をしています。

名称こそSEとされていますが、世間では空白であった9の位置に値するiPhoneと言われるようになりました。

本記事では新型のiPhone SEについて価格や機種の特徴、従来のiPhoneとの比較について紹介していきます。

また、お得に購入する方法なども記載しているので、これから購入を検討している人は是非参考にしてみてくださいね。

【iPhone SE】2020年の新型!特徴は?

iPhone SE特徴

出典:Pixabay

まずiPhone SEの特徴から説明していきます。

iPhone SEは2018年にも同じ名称で発売されていて、新型のSEとは第1世代・第2世代として呼び分けられています。

名称は同じであるものの、サイズやその他機能が大きく変わっています。

それだけでなく、iPhone X やiPhone 11に比べて価格が安いというのも特徴の一つです。

では早速第2世代のiPhone SEについて詳しく見ていきましょう。

価格が安い!

第2世代は、なんといってもその価格の安さが評判です。

価格の比較を下記の表にまとめてみました。

機種 価格(税抜)
iPhone SE(第2世代) ¥44,800
iPhone XR ¥64,800
iPhone 11 ¥74,800

こちらの価格表は、2020年9月11日現在、全て最も安価な64GBモデルにて比較しています。

契約するキャリアやプランによって価格は変動しますが、この表から見ても分かる通り、iPhone SEが最も安くなっています。

最新型でありながら価格が圧倒的に安いという点から、多くのユーザーが続々と切り替えています。

高性能!

第2世代のモデルはiPhone 8に近いものとなっており、Face ID認証こそないもののTouch IDが代わりに搭載されています。

このコロナ時代においてはマスクを着用していることが多いので、タッチのほうが便利という人も多いでしょう。

また、CPUやカメラ性能が大きく向上しており、CPUは「A13 Bionic」を搭載していて従来のiPhoneよりも処理速度が向上しています。

そのため、アプリやその他操作が快適にできること間違いなしです。

カメラも第3世代とニューラルエンジンの恩恵を受けてピントの調整や深度コントロール性能が上がっており、今までよりも更にグラフィックが鮮明になります。

それ以外にも第1世代のモデルにはなかった防水・防塵機能が備わっています。

iPhone 11には及びませんが、水深1m程度で30分ほど持つといわれています。

サイズは4.7インチ!

ディスプレイのサイズは4.7インチと第一世代よりも少し大きくなっています。

iPhone XやiPhone 11よりも小さく第一世代よりも大きいサイズ感になっています。

サイズに関しては高さ138.4mm・幅67.3mm・厚さ7.3mmと8と全く同じサイズです。

iPhone SEはiPhone 8と見た目のサイズ感や画像の解像度などが酷似しており、主に機能面において進化を遂げているスマートフォンになりました。

このように、iPhone SEはiPhone 8のサイズ感を残しつつ中の機能は大幅に向上されています。

新しいiPhoneはホームボタンがなくなったり画面が大きすぎたりと、新型になるに連れてユーザーからの不満が増えてきていました。

そんな不満を解決したのがこのiPhone SEであり、Appleユーザーには打ってつけの商品となりました。

では次の項目では他のiPhoneシリーズと比較してどう違うのか比較して見ていきましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。