スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】動かない!強制終了・強制再起動の方法を教えて!

【iPhone】動かない!強制終了・強制再起動の方法を教えて!

この記事は公開日から1年以上が経過しています。

【iPhone】強制終了するときの注意点

次に、強制終了の操作をする前に確認すべき点を紹介します。

強制終了の操作自体は簡単で誰にでもできますが、気をつけなければならないことがあります。

具体的にどのようなことに注意したら良いのでしょうか?

アプリのデータの消失・破損の可能性がある

強制終了することで実行中のアプリが停止され、キャッシュが削除されます。

普通にアプリを終了させたり電源を切るときと違い、この操作は「強制的」にすべてを停止・削除することになります。

つまり、強制終了をすることでデータが消失・破損する可能性があるのです。

元々データの破損などで異常があり、エラーが出ている可能性もあります。

もしものときのために、大切なデータのバックアップはこまめに行う癖をつけておくと良いですよ。

突然画面がフリーズしてしまい強制終了をすることになったときには、消えているデータがあるかもしれないと覚悟しておいてくださいね。

充電する方法も考える

強制終了や電源の再起動には多くのパワーが必要です。

そのため、充電が少ないと電源を切ることができてもiPhoneを立ち上げることができない可能性があります。

強制再起動や再起動を行うときには、必ず事前に充電をしておきましょう。

できる限り通常の方法で起動・終了させる

強制終了は、iPhoneやアプリの不具合を修繕する最終手段として考えておいてください。

「強制的」に停止させるということは、端末にも負担をかける方法になってしまいます。

また、データが壊れてしまう可能性もありますよね。

そのため、できる限り通常の方法で起動や終了をさせるようにしましょう。

画面が固まってしまい、通常終了させることができないときやどうしても必要なときだけ行うようにしてくださいね。

パスコードを確認・再設定しておく

通常の方法で再起動したときにも、パスコードの入力を求められますよね。

強制終了のときも同じです。

いつもFace IDや指紋認証を使っていてもパスコードが必要となるので、設定しているものを覚えているか確認しておいてくださいね。

動くようになったとしてもパスコードがわからないと使うことができないので注意です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。