『かわいい』が生まれる場所。

LINE風トーク画面・動画の作り方!アプリやサイトで簡単作成OK

LINE風トーク画面・動画の作り方!アプリやサイトで簡単作成OK

普段SNSを利用している時に「LINE風のトーク画面」を使ってみたいと思う事ありませんか?

今回は、LINE風のトーク画面動画の作り方を分かりやすく画像付きでご説明します♪

作成時に簡単で便利なアプリやサイトもご紹介するので、是非参考にして下さいね!

LINE風「吹き出し」画像・動画って作れるの?

LINE風の吹き出し画像や動画は、実は思った以上に簡単に作る事が可能です。

では、下記でご紹介していきますね♪

今まで作った事がなかった人は、手順を確認しながら挑戦してみて下さい。

LINE風「吹き出し」画像を作るには?

まず、LINE風の吹き出しのような画像の作り方をご紹介します。

本物のLINEアプリの画面を使用したり、サイトやアプリを利用する事で簡単に作れますよ。

下記の項目で手順をご紹介しますね♪

LINEのトーク内容をシンプルにスクショする

この方法が一番シンプルで分かりやすいかもしれません。

LINEで正式に搭載されている「スクショ」の機能を使います。

最初に、切り取りたい吹き出し部分が見えるトーク画面を開きます。

今回は画像の赤枠で囲っている部分を、スクショで切り取って使用します。

まず、スクショしたいメッセージの部分を指で長押しします。

すると<コピー・Keep・削除・送信取り消・リプライ・転送・ノート・アナウンス・スクショ>と書かれた黒枠が表示されます。

今回は左下にある「スクショ」をタップします。

画面上部に少し小さめの文字で「開始位置が選択されました。終了位置をタップしてください。」と表示されます。

切り取りたい部分の最後の部分をタップすると、囲選択が決定して画面上部のメッセージが「範囲が選択されました」に変わります。

これでスクショの準備はOKです♪

範囲選択が終わって切り抜く部分を指定したら、画面右下の緑色の「スクショ」というボタンをタップして下さい。

するとスクショで画像の切り取りができます。

特に編集せずに画像を保存する場合は、↓のマークをタップすれば保存可能です。

編集して保存したい場合は、右下の虹色のマル部分をタップすると編集可能になり画面が切り替わります。

編集機能は主に(手書きペン・囲う・マーカー・矢印)の4パターンあるので、用途によって使い分けて下さいね♪

今回は矢印を追加して、スクショの文字の下にマーカーを引きました。

編集を終わる時には「完了」をタップします。

※各編集機能のマークの意味は下記の画像を参考にして下さい。

「完了」をタップすると、画面中央に「保存しました」とメッセージが表示されます。

保存すると、こんな感じになります♪

LINEのトーク部分を空白にしてスクショする

先程お伝えしたLINEのトーク部分をスクショする時に、好きな文字を入れたい場合もありますよね?

そんな時は、スクショする吹き出し部分を下記の画像のように空白にしておけば解決しますよ♪

空白にすれば、アプリを併用して好きな文字を入力する事が可能です。

画像のように空白の吹き出しを作る時には「ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ」をコピペすればOKです!
(※「」の中をコピペして使用して下さい。)

LINE風「トーク画面作成」サイト「もじまる」で作る

画像編集や、アニメGIFを作成したい場合は「もじまる」を使いましょう♪

無料でトーク画面を作成できるのでオススメです。

手順を下記でご紹介するので、参考にしながら是非作ってみて下さい。

まず、画面を少しスクロールさせて「画像を複数使って」の部分の「トーク画」を選びます。

サンプル画像が表示されています。

今回は右端のトーク風の吹き出し画像を作ります♪

LINE風の吹き出し画像を作成できるのは

  • 長さ制限なし
  • 短めの会話用

上記の2つです。

今回は画像の貼り付けも可能な「長さ制限なし」の「ノーマル」で作っていきます♪

トーク画面のパターンを

1人と会話(※画面左側)
複数人と会話(※画面右側)

どちらか選択します。

今回は「友だち(1人との会話用)」を使います。

合成したい画像を決めたら「選択」ボタンを押して画像をアップロードします。

次に、トーク相手の名前設定のボックスに好きな名前を入力します。

この時、表示されるアイコンの形も<四角>か<丸>か選べるので選択してください。

LINE風にしたいなら丸の方が、よりLINEの吹き出しに近い見た目になるのでオススメです♪

設定の入力が終わったら緑色の枠の「次へ」をタップして下さい。

次に、画面の右側でトークの内容の設定ができます。

発言者が「自分」なのか「相手」なのかを選択したり、コメント欄で発言内容を指定することが可能です。

文字だけでなく、画像や電話の通話履歴風の画面も作成できるので色々試してみましょう♪

トークの内容が決まったら、緑色のボタンの「セリフを追加する」で簡単に追加ができます。

例えば、発言者を「相手」、コメントの部分に「こんにちは!」と入力します。

すると、下記の画像のように反映されます。

次に発言者を「自分」に変えてみます。

コメントの部分には「こんにちは~♪」と入力しました。

すると、先程のやり取りが合成されて1枚のトーク画像になります♪

発言者を会話しているかのように交互に入力していくと、更にLINEのトーク画面に近付けられます。

そして、トークの内容の入力する部分を少し下にスクロールさせると、通話履歴風の画面を作ったり、画像を添付することも可能です♪

通話履歴や画像の送信を加えると、こんな感じに仕上がります。

ひと通り編集が終わったら、緑色の「セリフ追加」の下にある、水色の「コメント入力枠追加」をタップします。

今回は<メッセージのやり取り・電話の通話履歴風>を追加して、最後に入力枠を追加してみました。

すると下記の画像の赤枠のように、LINEとよく似たメッセージ送信枠が追加されます。

この最後の枠を付けることでLINE風のトーク画像っぽく見えるので忘れずに追加して下さいね♪

もし、メッセージの送信枠が不要の場合は「コメント入力枠追加」は押さずにスクリーンショットなどで保存すればOKです。

交互に入力操作を行うだけで簡単にLINE風のトーク画像作成出来るので、「もじまる」はおすすめのサイトです♪

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。