『かわいい』が生まれる場所。

【Twitter】SMSで認証コードが届かない!原因と対処法は?

【Twitter】SMSで認証コードが届かない!原因と対処法は?

【Twitter】認証コードが届かないときは?《通信環境・アプリ・端末》

設定した電話番号や受信設定に問題がない場合は、通信環境やアプリ、端末に原因があると思われます。

その場合は、以下の6つの対処法を試すのが効果的です。

  • 電波が安定した場所へ移動
  • Twitterのアプリを再起動
  • Twitterのアプリをアップデート
  • OSのアップデート
  • 端末の再起動
  • キャッシュを削除する

では、以上の6つの対処法をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

電波が安定した場所へ移動

認証コードが届かないのは、通信環境に問題があるからかもしれません。

地下鉄やトンネルの中、山道などは電波が弱くなるので、ネットの接続が途切れやすいです。

SMSはネットに接続していないと受け取れないので、認証コードが届かない時は電波が安定した場所に移動してから再度お試し下さい。

Twitterのアプリを再起動

通信環境に問題がないのに届かない時は、Twitterアプリに一時的な不具合が起きている可能性もあります。

アプリは再起動するだけで不具合が解消されることが多いので、認証コードが届かない時はアプリの再起動も試してみて下さい。

iPhone X以降の場合

  1. 下から上へ画面をスワイプして、途中で指を止めて離す。
  2. バックグラウンドで起動しているアプリが表示されるので、下から上へスワイプしてアプリを終了させる。
  3. ホーム画面に戻って「Twitter」をタップすれば再起動完了。
iPhone 8以前の場合

  1. ホームボタンを2回連続で押す。
  2. バックグラウンドで起動しているアプリが表示されるので、下から上へスワイプしてアプリを終了させる。
  3. ホーム画面に戻って「Twitter」をタップすれば再起動完了。
Androidの場合

  1. ホーム画面右下の「□」アイコンをタップする。
  2. バックグラウンドで起動しているアプリが表示されるので、ゴミ箱のアイコンをタップしてアプリを終了させる。
  3. ホーム画面に戻って「Twitter」をタップすれば再起動完了。

Twitterのアプリをアップデート

認証コードが届かない時は、アプリが最新版にアップデートされているか確認してみましょう。

アプリをアップデートする方法は以下の通りです。

iPhoneの場合(iOS 13以降)

  1. 「App Store」を開いたら、画面右上の人物アイコンをタップ。
  2. 「利用可能なアップデート」に表示されているアプリの中に「Twitter」があった場合は、「アップデート」をタップ。
  3. アップデートが終わるまでしばらく待つ。
iPhoneの場合(iOS 12以前)

  1. 「App Store」を開いたら、画面右下の「アップデート」をタップ。
  2. 「入手可能」に表示されているアプリの中に「Twitter」があった場合は、「アップデート」をタップ。
  3. アップデートが終わるまでしばらく待つ。
Androidの場合

  1. 「Google Play」を開いたら、横の三本線アイコンをタップ。
  2. メニューの中から、「マイアプリ&ゲーム」を選択。
  3. 「Twitter」がアップデートできる場合は、「更新」をタップ。
  4. アップデートが終わるまでしばらく待つ。

OSのアップデート

アプリと同様にOSも最新版にアップデートされているか確認しておきましょう。

OSをアップデートする時の操作手順は以下の通りです。

iPhoneの場合

  1. 設定を開いたら、「一般」をタップ。
  2. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ。
  3. 「ダウンロードしてインストール」をタップ。
  4. 「インストール」を選択。

引用:Apple公式サイト

あとは、OSのアップデートが終わるまでしばらく待ちましょう。

もし、「お使いのソフトウェアは最新です」と表示された場合は、既に最新版にアップデートされているので何もしなくて結構です。

Androidの場合

  1. 「設定」を開いたら、「端末情報」をタップ。
  2. 「ソフトウェア更新」をタップ。
  3. 「今すぐ更新」をタップ。
  4. 「インストール」をタップ。

あとは、OSのアップデートが終わるまでしばらく待ちましょう。

もし、「お使いのシステムは最新の状態です」と表示された場合は、既に最新版にアップデートされているので次のステップに進んで下さい。

また、Androidの場合は、機種によって表記や操作手順が若干異なることがありますが、大まかな流れは以上の通りです。

端末の再起動

アプリ側ではなく、端末側の一時的な不具合が原因で認証コードが届かないケースもあります。

この時もアプリと同様に、端末を再起動すれば不具合が解消されることが多いので一度お試し下さい。

端末を再起動する方法は以下の通りです。

iPhone X、11の場合

  1. 端末の側面にあるいずれか片方の音量調節ボタンとサイドボタンを同時に長押しする。
  2. 「スライドで電源オフ」と表示されたら、左から右へスライドさせて電源を切る。
  3. 電源が切れたら、Appleのロゴが表示されるまでサイドボタンを長押しする。

引用:Apple公式サイト

iPhone SE(第2世代)、8、7、6の場合

  1. 端末の側面にあるサイドボタンを長押しする。
  2. 「スライドで電源オフ」と表示されたら、左から右へスライドさせて電源を切る。
  3. 電源が切れたら、Appleのロゴが表示されるまでサイドボタンを長押しする。

引用:Apple公式サイト

Androidの場合

  1. 電源ボタンを長押しする。
  2. メニューが表示されたら、「再起動」をタップ。

これで、端末を再起動することができます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。