『かわいい』が生まれる場所。

Googleフォトの削除方法!一括・端末写真のみ・復元まで全て解説

Googleフォトの削除方法!一括・端末写真のみ・復元まで全て解説

Googleフォトに保存してある写真を、まとめて削除する方法を知っていますか?

今回は、写真を複数枚まとめて削除する方法から、間違って消してしまったコンテンツを復活させるテクニックを紹介します。

スマホ側だけの写真を消して容量を節約する方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Googleフォトとは?

Googleフォトは、Androidスマホやタブレットを使用している人にとっては馴染み深い、Google製のアプリです。

「フォト」という名前のアプリで、Android端末にははじめからホーム画面に入っていることが多いです。

iPhoneには「写真」という便利なアプリがはじめから入っているので、iPhoneを利用している人はあまり聞いたことが無いかもしれません。

でもiPhoneを使っている人でもGoogleフォトアプリをインストールすると利用することができます。

もちろん無料です。

Googleフォトを利用すると、iPhoneでいう「写真」というアプリと同じように撮影した写真を楽しんだり、自動で作ってくれたムービーを楽しんだりできます。

また、容量無制限で写真を保存できるなど様々な便利なポイントがあるので、これから紹介します。

Googleフォトの使い方

まずはGoogleフォトの使い方をおさらいしておきましょう。

どのようなアプリでなにができるサービスなのかしっかりと確認しておきましょうね!

Googleフォトとは、カメラで撮影した写真やビデオを見るためのアプリのことです。

iPhoneを使っている人はは自分でスマホにインストールしなければ入っていないので、App Storeからアプリをダウンロードしてください。

iPhoneにインストールできたら、あとは自分が普段使っているGoogleのアカウントでログインするだけで利用することができます。

Googleフォトの容量

実は、Googleフォトは多少の画質の劣化を気にしなければ、基本的には容量に悩むことなく写真やビデオをバックアップできてしまう最強のサービスなのです。

ただし、容量に関して一点だけ気をつけたいポイントがあります。

それは、無料の容量は、GmailやGoogle Driveなど他のGoogleサービスの容量との合算だという点です。

どれか一つのサービスでたくさんの容量を使ってしまうと他のサービスで使う分がなくなってしまうので、注意してくださいね。

ちなみに、課金するとGoogleフォト内のストレージを増やすことができます。

100GBまで増やしても年間では2500円しかかからないので、たくさんのコンテンツをそのままの画質で保存したいときには検討してみましょう。

Googleフォトの写真を削除する方法

もしアプリで自動バックアップを使っている人がいれば、注意したいポイントがあります。

それは、自動でバックアップができるように設定していると、スクショやメモなどいらない写真まで自動バックアップによって勝手にアップロードされてしまうというポイントです。

もし、いらないスクショやメモで撮影した写真がバックアップされてしまったら、ライブラリが散らかってしまって目的の写真を見つけるのが難しくなってしまいます。

そのようなときには、手動でいらないコンテンツを選んで削除する必要があります。

iPhoneで削除する方法

iPhoneを利用している多くの人は、はじめから入っている「写真」アプリを使いますよね。

そのため、繰り返しになりますが、Googleフォトの写真を見たり削除したりするには大前提としてアプリをiPhoneに入れてなければいけません。

まだアプリを入れていない人は、まず、iPhoneにアプリを入れておきましょう!

アプリを入れてしまえば、あとは簡単です。

消してしまいたいコンテンツを選び、ごみ箱マークをタップすると削除することができます。

消したいコンテンツが少ない時にはこの方法で消してしまうと便利です。

iPhone単体削除

でも、たくさんのコンテンツがある場合、その都度写真を消していくのは大変ですね。

実は、Googleフォトにはいらないコンテンツをまとめて削除する方法があるのです。

この方法を使うと、写真を複数一気に削除できたり、日付単位で削除することが可能です。

このような方法を試してみたい時には、削除したい写真などを長押ししましょう。

左上にチェックマークが表示されるのでわかりやすいです。

チェックマークがでてきたら、一緒に削除してしまいたい他のコンテンツも選択しましょう。

日付の部分を選べば、その日付をまとめて選択することもできます。

いらないコンテンツを選んだら、削除ボタンがあるのでそのボタンを押して、削除してください

iPhoneまとめて削除

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。