『かわいい』が生まれる場所。

【Chrome】さくっと手軽に翻訳!外国語のWebページを読もう!

【Chrome】さくっと手軽に翻訳!外国語のWebページを読もう!

Google Chromeの機能のなかに表示されたページが外国語だった場合、自動的に翻訳して表示する機能があることを知っていますか?

海外のWebサイトなどを開いたときに、「このページを翻訳しますか?」と表示されたり言語を切り替えるダイアログが表示されるのが、自動翻訳機能です。

この機能を利用することで、外国語で表示されたページもすべて自動的に日本語で翻訳され、外国語が分からない人でも簡単に海外のWebサイトの閲覧が可能になります。

今回は、Google Chromeの翻訳機能について解説していきます。

細かい設定についても説明していくので、チェックしてみてください。

【Chrome】外国語を翻訳しよう!設定変更の方法《iPhone》

早速、Google Chromeで外国語を翻訳する機能の設定方法と翻訳方法について説明していきたいと思います。

まずは、iPhone版での設定方法です。

ChromeアプリのWebページで翻訳しよう

Chromeアプリではデフォルトの状態で翻訳設定が有効になっているため、すぐに翻訳機能を使用することができます。

ただ、注意点として、初期設定では英語のみ翻訳するかどうかを選択できるようになっているので、その他の言語の翻訳方法については後述します。

では、実際に海外のWebサイトを開いてみましょう!

翻訳前

当然、そのままではすべて英語で表示されてしまいます。

右上に表示されている「翻訳」を押してみましょう。

翻訳後

すると、このように日本語に翻訳されました。

元に戻したい場合は、右上の「原文のままページを表示」を押すことで英語に戻すことが可能です。

翻訳が表示されないときにはリクエストしよう

ページを表示してから一定時間が経ったり、表示するときの不具合で翻訳の有無が表示されない場合があります。

その時は、ページを再読み込みするか、もしくは直接翻訳機能を呼び出すことですぐに翻訳を開始することができます。

翻訳ツールをオフにする

翻訳ツールを利用したくない人は、設定をオフにすることも可能です。

Google Chromeアプリを開き、右下の「・・・」をタップします。

設定1

一覧から「設定」をタップします。

設定2

「言語」をタップします。

設定3

設定をオフにすれば設定完了です。

設定4

言語の設定を取り消す

デフォルトでは英語のページを日本語に翻訳するように設定されていますが、変更することも可能です。

また、設定を変更することで日本語ページを英訳することも可能です。

先ほどのツールをオフにする際に表示したページの言語欄から設定が可能です。

言語変更

「翻訳するか尋ねる」にすれば、サイトを開いた際に、その言語を見つけた時、翻訳するかどうかの有無が表示されます。

「翻訳しない」にすると翻訳の有無は表示されず、そのままページが表示されます。

また、言語の数を追加したい場合は「言語を追加」から対象の言語を選択することで、さらに多くの海外Webサイトに対応することができるようになります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。