『かわいい』が生まれる場所。

【iPad】アップデートできない!うまくいかない原因と対処法は?

【iPad】アップデートできない!うまくいかない原因と対処法は?

日頃から、iPadのソフトウェアの更新はしていますか?

iPadOSをアップデートすることは、デバイスの基本的な機能が向上するだけではなく、セキュリティ対策のためにも非常に大切です。

しかし、ソフトウェアのアップデートがうまくできないケースもたまにあります。

せっかく更新しようと思っても、うまくできなければ困ってしまいますよね。

そこで、今回は、iPadのアップデートができない時の原因と対処法について、詳しく紹介していきます。

ソフトウェアの更新ができなくて困っている人はもちろん、普段からiPadを利用している人は為になる情報ばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

また、基本的な操作はiPhoneも同じなので、iPhoneユーザーの人も参考にしてみて下さい。

【iPad】アップデートできない!まずは正しい方法をおさらい!

「失敗する場合の原因や対処法」について詳しく見ていく前に、簡単にiPadOSの確認と更新方法についておさらいしていきます。

iPadのアップデートの方法は大きく分けて2つがあります。

  • 端末のみでアップデートする方法
  • iTunesを使ってアップデートする方法

それぞれ紹介していくので、自分に合った方法で、試してみましょう。

端末のみでアップデートする

まずは、「端末のみでアップデートを行う」方法から、説明していきます。

手順は以下の通りです。

ホーム画面から「設定」アプリをタップ

iPad 設定

「一般」を選択

設定 一般

「ソフトウェア・アップデート」をタップ

設定 ソフトウェア・アップデート

すると、使っているデバイスのOSのバージョンが表示されます。

インストールの必要がある場合は、「今すぐインストール」をタップするようにしましょう。

ただ、定期的に更新されているか確認するのは、なかなかめんどくさいですよね。

そこでオススメなのが、「自動アップデートをオンにする」ことです。

オンにしておくと、寝ている間に勝手に更新をしてくれるため、とても便利なんです!

ぜひ参考にしてみてください。

自動更新をオンにする方法はこちらです。

ホーム画面から「設定」アプリをタップ

iPad 設定

「一般」を選択

設定 一般

「ソフトウェア・アップデート」をタップ

設定 ソフトウェア・アップデート

「自動アップデートをカスタマイズ」を選択

設定 自動アップデートをカスタマイズ

「iPadOSアップデートをダウンロード」&「iPadOSアップデートをインストール」をオン

iOSアップデート オン

以上が、自動更新をオンにする方法です。

便利な機能のひとつなので、ぜひ利用してみてください。

iTunesを使ってアップデートする

次に、「iTunesを使ってアップデートを行う」方法を見ていきます。

iTunesを使うには、WindowsのPCにiTunesを事前にダウンロードしておく必要があります。

まだダウンロードができていない場合は、準備しておくようにしましょう。

iTunesを使った手順は以下になります。

  • iPadとPCを接続
  • 「iTunes」を起動
  • 画面左上の「iPad」ボタンをクリック
  • 「一般」または「設定」をクリックし、「アップデートを確認」をクリック

また、Macを使っている人は、次の手順に沿って進めてみてください。

  • iPadとMacを接続
  • 「Finder」を起動
  • 画面の左部にある「**のiPad」をクリック
  • 「一般」または「設定」をクリックし、「アップデートを確認」をクリック

以上が、Macの確認方法になります。

【iPad】「アップデートできない」に備えて!注意点をチェック

ここでは、ソフトウェアをアップデートする際に気をつけて欲しい注意点を紹介していきます。

今回取り上げる注意点は、以下の2つです。

  • バックアップを取っておこう
  • デバイスに互換性があるか確認しよう

大切なiPadや中身のデータを守るためにも、注意点を必ずチェックしておくようにしましょう。

バックアップを取っておこう

1つ目は、「バックアップを取る」ということです。

きちんと手順通りにアップデートを進めても、失敗するケースはあります。

失敗するとデータが初期化する可能性もあるため、必ず先に「デバイスのバックアップを取る」ようにしましょう。

iPadのバックアップの仕方はこちらです。

ホーム画面から「設定」アプリをタップ

iPad 設定

「アカウント」を選択し、「iCloud」を選択

アカウント iCloud

下にスクロールし、「iCloudバックアップ」を選択

iCloudバックアップ

「今すぐバックアップを作成」をタップ

設定 今すぐバックアップを作成

バックアップを取っておき、万が一のケースに備えるようにしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。