『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneでZIPファイルを見る方法!解凍・圧縮に便利なアプリも紹介

iPhoneでZIPファイルを見る方法!解凍・圧縮に便利なアプリも紹介

ビジネスシーンでは使用する機会が多いZIPファイル。

PCでは、簡単な操作でZIPファイルに圧縮・解凍することができますが、iPhoneではファイルの扱い方が分からないという人もいるのではないでしょうか?

実は、iPhoneでも専用のアプリや標準機能を使ってZIPファイルの圧縮・解凍が簡単に行えます。

今回は、iPhoneでZIPファイルを見る方法や解凍・圧縮に便利なアプリを紹介します。

【iPhone】そもそもZIPとはなに?

まずは、そもそもZIPとはどういったファイルなのかおさらいしていきましょう。

圧縮ファイル形式の1つ

「ZIP」とは圧縮ファイル形式の1つで、主にWindowsのPCでよく利用されます。

圧縮ファイル形式は他にも「RAR」「LHA」「CAB」「GZIP」など様々な形式がありますが、「ZIP」が世界的に最も普及していると言われています。

形式の種類はファイル名の最後に付いている拡張子で確認でき、ZIPファイルの名前の最後には「.zip」という拡張子が付いています。

圧縮とは?

圧縮とは、複数のファイルを1つにまとめてサイズを小さくする処理のことです。

高画質な画像や動画、音楽などサイズが大きいデータは、メールやLINEで他の端末に送信しようと思っても、サイズオーバーでエラーが起きてしまうことが結構あります。

そんな時にデータを圧縮してZIPファイルとして送信すれば、サイズオーバーで送れないデータも送れるようになります。

また、複数のファイルをひとつに格納することができるため、受信者側からしてみると、ひとつひとつデータを保存する手間が省けるというメリットもあります。

ZIPファイルを開くには「解凍」する必要がある

通常、ZIPファイルに入っているデータを閲覧したり、編集したりするには「解凍」する必要があります。

WindowsやMacのPCではZIP形式が標準サポートされているため、専用のソフトを用意しなくてもファイルをクリックするだけで解凍することができます。

しかし、標準サポートされていない端末で解凍するには、他社製の専用アプリを使用する必要があります。

「閲覧」するだけならプレビューで見られる

通常、ZIPファイルを開くには解凍する必要がありますが、iPhoneの場合はファイルの中を閲覧するだけなら解凍しなくてもプレビューで見ることができます。

ファイルをタップすると「内容をプレビュー」と表示されるので、それをタップするだけでOKです。

しかし、その中にあるデータを個別で編集したり、共有したりすることはできないため、その場合は専用のアプリなどを使ってファイルを解凍する必要があります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。