『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneの全角スペースは使いこなせてる?簡単な入力方法をご紹介

iPhoneの全角スペースは使いこなせてる?簡単な入力方法をご紹介

SNSやメール、自分用のメモなどをiPhoneで言葉を打つ時に、時折登場するスペースキー。

言葉をわかりやすくしたい時に言葉の前後に入れて強調させたいときなど、生活の中で何気なく目にする機会があるキーです。

そんなスペースには、全角のスペース、それより小さい半角のスペースの2種類があります。

スペースの便利な使い分けを知り、作業効率をアップさせましょう!

【iPhone】全角スペースで入力する方法はないの?

iPhoneを使って言葉を打つ時に、全角でのスペースにしたくても、思いがけず半角になってしまった経験がある人もいるのではないでしょうか?

半角と全角のちがい画像

インターネット上で会員登録や応募をする際に、名前や住所を入力する際、全角スペースを打ちたいのに半角スペースが出てきてしまい、やり直したということも起こりうるかもしれません。

また、文字数が決まっているTwitterなどのSNSや、メールなどできれいに文字列を整えたい時、スペースが半角だと全体にバランスが崩れた印象となることもあります。

さっそく、iPhoneを使って全角スペースを打つ方法をチェックしていきましょう。

iPhoneでは「半角スペース」になってしまう

iPhoneなどのApple製品は定期的にアップデートが行われ、問題点の改善や仕様の変更、アップグレードなどが実施されます。

キーボード入力に関するスペースなどの変更もそのひとつです。

iPhoneのバージョンによっては、スペースを入力した時に半角になってしまう場合があります。

使っているiPhoneのバージョンを確認する方法を紹介します。

まず、設定を開き、一般へと進みます。

設定一般画像

「ソフトウェアアップデート」という項目を押せば、今のiPhoneのバージョンのお知らせが確認できます。

iPhoneアップデート画像

または、「ソフトウェアアップデート」の上にある「情報」を選択しても、「(システム)バージョン」という欄に今のバージョンが表示されます。

情報画像

iOS13以降の画面例

iOS13以降バージョン画像

iOS13以前の画面例

iOS13以前バージョン画像

iOS12以前では工夫をすれば全角スペースを入力できる

iOS12以前のiPhoneの場合、以下の画面のようにキーボードに「空白」のボタンがあり、一般的にこれがスペースにあたります。

キーボード画像

このボタンをタップすると、「あ」と「い」の間のように半角でのスペースが打たれてしまいます。

あといの間に半角スペース画像

スペースが狭い分すっきりして見えますが、文字と同じ全角に統一し文字間のスペースを開けたい場合は、文字が不揃いな印象を与えてしまうこともあります。

iOS13なら全角スペースが可能に!

iPhoneのバージョンがiOS13以降であれば、iOS12以前より手軽に全角スペースを打つことができる仕様になっています。

iOS13以降は、前にあった文字に合わせて空白がどの大きさか判断される仕様です。

以下のように、全角で「あ」と打った後に「空白」を押すことでと全角スペースが入力、半角で「1」と打った後に「空白」ボタンを選ぶと、文字に合わせて半角スペースになります。

あと1の画像

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。