『かわいい』が生まれる場所。

スマホのショートメール機能!送れる文字数や料金を詳しく説明します

スマホのショートメール機能!送れる文字数や料金を詳しく説明します

スマホや携帯電話に付いている機能のSMSを知っていますか?

SMSとは、スマートフォンが普及する前からある、メッセージ機能です。

今回は、スマホのショートメールとはどんなものなのか、気になる料金やメリットなども併せて紹介していきます。

スマホのSMSとは何?

15

出典:icon rainbow

はじめに、スマホのSMSとはどんなものなのかを詳しく解説していきます。

電話番号からメッセージを送るサービス

皆さん、この画像のようなメッセージメールを見たことありますか?

12

SMSはこの画像の様に、電話番号を宛先に使用し、電話回線でメッセージを送るサービスです。

docomoをはじめ、au(KDDI)やSoftBankなどの通信キャリア、そして格安SIM業者間でも、電話番号からメッセージの送受信が利用出来ます。

読み方

一般的に、『SMS』を「エス・エム・エス(SMS)」や「ショートメール」とも呼んでいますが、正式名称は『ショートメッセージサービス(Short Message Service)』と言います。

Short Message Serviceの各単語の頭文字を略したのが『SMS』です。

auでは「Cメール」とも言われていますが、近年では国際的に共通した『SMS』と呼ぶことが多くなってきました。

ガラケー携帯でもメッセージを送れる

携帯キャリアとの契約で取得できる携帯番号を使って、相手に短い文章のテキストメッセージを送信出来るのが、SMSです。

約23年前にdocomoが開始したSMSは、ガラケーの携帯電話でもショートメッセージの送受信ができるようになっています。

また、日本国内のみならず、国を超えて世界で利用が可能なんです!

SMSの種類と機能

  • 【携帯SMS】-全角670文字のテキストまで(ガラケーも同じ)。
  • 【iOSのSMS】-iOSアプリ使用、全角670文字以内のテキスト・画像
  • 【AndroidのSMS】-全角670文字以内のテキスト・画像
  • 【+メッセージ】-全角2730文字以内のテキスト・画像・動画・音声メッセージなど

下の画像は、契約キャリアから届いた「お知らせメッセージ」を受信したものです。

12

SMSには、下記のようなメールを受信することに利用されています。

利用されている受信の種類

  • キャリアからのお知らせショートメール
  • Jアラートや緊急地震速報のエリアメール
  • 銀行などの金融機関からのショートメール
  • 宅配便や業者からの訪問、配送日時のショートメール
  • クレジットカード会社や企業からのショートメール
  • 二段階認証などのコード・SMS認証での確認ショートメール

メッセージのやり取り以外にも、上記のように、企業からの一斉送信やゲーム、アプリと言った、認証パスコードなど重要なメッセージの受信にも使われている、便利機能です。

※3大キャリアの他に、楽天モバイルのような格安SIMではSMSはオプション機能となっているので、SMSの利用には、別に契約が必要です。

メールとの違いは?

第一の違いは、メール(e-mail)を送信するために、携帯番号ではなく『〇〇〇@Gmail.com』や『▽▽▽@ezweb.ne.jp』のような、文字や数字が混在した「メールアドレス」が必要となってきます。

16

メール(e-mail)には、テキストで使用できる文字数に決まりはありません。

ファイル(画像・動画)の添付も可能ですが、件名が必要となっています。

SMSでは、このメール(e-mail)での件名が不要です。

そして、メール(e-mail)ではパケット通信(データ通信)を使って送受信しますが、SMSでは、受信に関しては無料となっています。

詳しい料金は後ほど紹介しますが、SMSは電話(通話回線)でメッセージを送るので、送信時のみ文字数毎に加算された料金が掛かります。

SMS(ショートメール)のPOINT

  • 携帯番号だけで送受信が可能
  • 文字数の制限
  • 送信に料金がかかる(受信は無料)
  • 画像やデータファイルは送信が不可
  • 自分と違う別のキャリアへも送信可能
  • 件名は不要
  • 『+ メッセージ』アプリで送信が可能

【スマホ】SMSを使うメリット

最近では、LINEやFacebook、Twitterと言ったSNSで、メッセージの送受信に利用している人も多くいます。

SMSを使うメリットには、どんなことあるのでしょうか。

ここでは、SMSを使うメリットについて解説していきます。

アドレスやLINEアカウントがわからなくても送れる

メールとの違いでも解説した様に、『〇〇〇@Gmail.com』などの「メールアドレス」は要りません。

SMSと混同することも多い、LINEやTwitterなどの『SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)』の利用には、アカウントが必要です。

対してSMSは、携帯電話番号さえあれば利用出来るのがメリットと言えるでしょう。

アプリをダウンロードしてメールアドレスを登録したり、アカウントを作成する手間も不要です。

そのため、アカウントやアドレスを知らない相手へ手軽にショートメッセージを送るのに、非常に便利なサービスです。

また、LINEでは動画や画像などをシェア(発信)する事が多いため、データ容量を使用しますが、SMSは受信が無料なのがメリットでもあります。

逆にLINEアカウントが分からない相手に、自分のLINEアカウント(ID)を知らせる事が可能なのもメリットです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。