『かわいい』が生まれる場所。

Twitterの通知音は変更できる!カスタマイズ方法もご紹介!

Twitterの通知音は変更できる!カスタマイズ方法もご紹介!

人気のSNSサービスとしてたくさんの方に利用されているTwitter。

スマホやPC、インターネット環境があれば、好きな文章を投稿してコミュニケーションをとることができます。

Twitterでは、投稿をはじめ、リプライ(返信)やメッセージ、そして「いいね」などさまざまな機能を使う際に通知音が鳴ります。

では、この音を好きなものに変えられるのでしょうか?

今回は通知音の設定が気になる方にむけて、仕組みや設定、そして鳴らないトラブルに陥ったときの対処方法を紹介します!

より自分らしく使えるようにカスタマイズしたい方、必見です。

【Twitter】通知音が鳴るのはどんなとき?

早速解説をしていきます。

まずピックアップするのはタイミングについて。

Twitterのサービスを使う中でお知らせの働きをしてくれる「通知」ですが、一体のどのような場合に鳴る仕組みなのでしょうか?

これについて理解しておくと便利ですよ。

通知音が鳴るタイミングとして、全部で6つの場合を挙げておきますね。

基本的には、サービス内で何らかのアクションが発生した場合にサウンドが鳴る仕組みです。

自分宛のツイート・返信・リツイートがあった

Twitterのサービスで通知音が鳴るタイミングとして、最初に挙げるのは自分宛のつぶやきや相手からの返信(リプ)やリツイート(RT)があったときです。

使用する中でも高い頻度で鳴る項目でもあります。

自分宛のつぶやきとは、フォロワーから「@」を付けてメンションされることを指します。

「@」で始まるユーザー名(ID)を入力した上で文字を入力して投稿することで、自分に通知がくる仕組みです。

設定であらかじめ鍵をかけていない状態で使用している方には、フォロワー以外のユーザーからも自分宛のツイートが送られてくることがあります。

自分から特定のフォロワー・ユーザーに何らかのメンションをした場合に、それに対して返信されるときも同様。

サウンドと一緒に通知欄に表示があるはずです。

リツイートとは、特定のつぶやきを自分のフォロワーに対して拡散させる動作のことを言います。

例えば、自分がつぶやいた投稿をフォロワーや誰かが拡散してくれたタイミングで音が鳴る仕組みです。

「RT」と表記されることもよくありますので、覚えておいてください!

「いいね」をもらった

スマホでTwitterからの通知音が鳴るタイミングとして次に挙げるのは、「いいね」をもらった時です。

こちらも比較的頻度が多い通知です。

つぶやきをタップしてみてください。

返信やRTボタンの列にハートマークがあると思いますが、これがいいねボタンになります。

誰かがこのボタンを押してくれた時にスマホに通知される仕組みです。

ただし、一度に多くの「いいね」をもらった場合についてはその都度通知されるのではなく、「〇〇件」といった表記で通知される場合があります。

鍵をかけたユーザーからいいねなどが来た場合には、誰からいいねされたのかが分からないようになっています。

そのため、稀に表示されないことも。

エラーと勘違いしないようにしましょう!

フォロワーが新しく増えた

フォロワーの変動のタイミングでもスマホに通知音が届く仕組みになっています!

自分のフォロワーが増えたタイミングで通知されるので、設定をしておけば気づきやすくなり便利です。

ただし、この逆のフォロワーではなくなった場合については通知はされません。

そのため、いつのまにか片思い状態になっているケースも。

相互フォローを重視したい方については、定期的なフォロワーチェックをおすすめします!

ダイレクトメッセージがきた

次に通知されるものは、ダイレクトメッセージです。

こちらは「DM」とも呼ばれています。

タイムライン(TL)に表示されない状態でメッセージのやり取りができる機能です。

少しプライベートな情報を交換したい時に便利!

受信したタイミングでサウンドが鳴るので、確認漏れを防ぐことができますよね!

たくさんのメッセージを送受信する人には欠かせない機能ですね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。