『かわいい』が生まれる場所。

【Facebook】カバー写真がキレイに見えるサイズを知りたい!

【Facebook】カバー写真がキレイに見えるサイズを知りたい!

Facebookアカウントの顔といってもいい「カバー写真」は、魅力あるデザインにするととても目を引きます。

個人アカウントだけではなく、企業や団体のFacebookページのカバー写真は、ユーザー獲得にも大きく影響するくらいインパクトがあります。

レイアウトが同じだからこそ「カバー写真」で個性をアピールしたいですよね。

今回は、魅力溢れる「カバー写真」の設置方法をご紹介します。

【Facebook】カバー写真がキレイに収まるサイズを知りたい!

カバー写真のサイズは、SNSやブログによって違います。

Facebookにあったカバー写真のサイズで設置しないとキレイに表示されません。

一番目に留まりやすいカバー写真だからこそ、こだわりたいという方も多いのではないでしょうか?

では、カバー写真について詳しく解説していきます。

Facebookのカバー写真とは?

facebook39

名前の上部に表示される写真が「カバー写真」です。

Facebookで個性をアピールすることができる場所で、ホームページでいう「ヘッダー」の部分です。

トップなので一番最初に目に付くところですよね。

インパクトのあるカバー写真は印象に残りやすく、ビジネスでFacebookを利用しているならお店の看板のような役目をしています。

多くの企業のページでは一押し商品を持ってきたり、今一番売り出したいものをでユーザーにアピールしているページもあります。

企業のイメージ写真など、立派な広告の役目も果たしています。

固定のカバー写真だけではなく、スライド式で見れるカバー写真や、20秒から90秒の動画を設定することもできます。

より注目を集めたい場合はカバー動画にしている企業もありますよ。

ヘルプセンターによる推奨サイズは?

カバー写真のデザインも大切ですが、サイズを知ってそれに合わせて写真を選ぶことが重要になります。

Facebookのヘルプセンターの推奨しているカバー写真のサイズがありますが、PCとスマートフォンではサイズが違います。

どちらか一方を見て作成すると見切れ部分ができてしまいます。

スマートフォン 横640ピクセル 縦360ピクセル
パソコン 横820ピクセル 縦312ピクセル

Facebookグループのサイズは?

Facebookグループ 横1,640ピクセル 縦856ピクセル

イベントページのサイズは?

Facebookグループ 横1920ピクセル 縦1080ピクセル

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。