『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】HDRとは?キレイな写真の撮影・保存方法を紹介!

【iPhone】HDRとは?キレイな写真の撮影・保存方法を紹介!

写真を撮る時は、デジタルカメラよりスマホで写真を撮る人の方が多いのではないでしょうか。

コンパクトで持ち運びやすく、またいつも外出時に持って行くので、たまたま遭遇する決定的瞬間を逃さず写真に撮ることができます。

しかし、スマホ、特にiPhoneで写真を撮影することを好むユーザーが多いことには、別の理由もあります。

それは、デジタルカメラ並みにキレイに写真が撮れることです。

もちろん高額なデジタルカメラであれば、よりキレイな写真が撮れますが、iPhoneでも高画質な写真を撮影できる理由には、ある機能が関係しています。

それがHDR機能です。

HDR機能とはどんな機能でしょうか。

この記事で詳しく解説します。

【iPhone】HDR機能とは

カメラを扱う際、多くの人が難しいと感じるのは、夜景の撮影や花火の撮影です。

夜景や花火の写真が上手く撮れない原因は、暗いことです。

写真を撮影するには光が欠かせないため、ある程度明るくなければなりません。

例えば、暗い状況で写真を撮るとボヤッとしてはっきりしない写真になってしまいますよね。

その暗さを補うために強制的に明るくして写真を撮ると、画質が荒くなり、結果的にキレイな写真に仕上がりません。

そして、写真を撮るのが難しいのは夜間だけではありません。

昼間の撮影でも、日差しが強かったり逆光になってしまったりすると、キレイな写真を撮るのが難しくなります。

デジタルカメラにはいろいろなフィルタ機能があるので、最適なフィルタを選べばキレイな写真が撮れると宣伝していますが、実際やってみると上手くいかないことが多くあります。

しかし、夜間の写真撮影や、日中の日差しが強く逆光が気になる状況でも、iPhoneを使えば簡単にキレイな写真が撮れることを知っていますか?

それを可能にしているのがHDR機能です。

自然でキレイな写真を撮れる機能

HDR機能はどんな目的で開発された機能なのでしょうか。

HDR機能の目的は、あらゆる状況で、自然でキレイな写真を、特別なスキルや経験のない素人でも撮影できるようにすることです。

素人でも、HDR機能を使えば、プロ顔負けの写真を撮ることも夢ではありません。

3枚以上の写真を合成してくれる

では、HDR機能にすると、どうしてキレイな写真が撮れるのでしょうか。

HDRとはどんな機能なのでしょうか。

HDRは、High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略語です。

HDRは写真技法の1つで、写真の最も明るい部分と最も暗い部分の明暗の比率を広くすることにより、より肉眼でみる景色に近づけます。

これを可能にするために、露出度の異なる3枚以上の写真を同時に撮影し、それぞれのベストな点をピックアップし合成して1枚の写真にします。

そのため、写真が仕上がると、見た目は限りなく肉眼で見たときに近いクオリティになります。

【iPhone】HDR機能で撮影しよう!オススメの場所は?

HDR機能は、あらゆる状況で最高の結果を生み出すわけではありません。

HDR機能を搭載していない他のスマホで撮影しても、写真のクオリティはほとんど変わらない状況もあります。

HDR機能が最も力を発揮するのはどんな状況で写真を撮影するときでしょうか。

これからHDR機能を使うべき3つの状況を紹介します。

部屋から外の景色を撮影する時

HDR機能が力を発揮する最初のシチュエーションは、部屋から外の景色を撮影するときです。

HDR機能のないデジタルカメラで写真を撮影すると、室内と屋外の露出度が異なるため、室内の暗さを強調する写真か、屋外の明るさを強調する写真かの両極端になってしまいます。

しかし、HDR機能を使うと、露出の違いをうまくカバーしてくれるので、バランスのとれた、肉眼で見たときに近いクオリティの写真に仕上げてくれます。

部屋から外の景色を撮影

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。