『かわいい』が生まれる場所。

【Amazon】知っておくと便利!コンビニで返品する方法をご紹介

【Amazon】知っておくと便利!コンビニで返品する方法をご紹介

誰もが一度は、Amazonを利用したことがあるのではないでしょうか?

ですが、実際に届いた商品を見て「思っていたのと違う」「サイズが合わない」「初期不良があった」などの理由で返品したくなったことありませんか?

今回は、そんな時に役立つ「身近なコンビニで返品をする方法」を紹介します!返品依頼から梱包方法、コンビニでの依頼の仕方までまとめているので、参考にしてみて下さい。

Contents[OPEN]

【Amazon】コンビニで商品の返品するときの流れ

まずはコンビニで返品する際のおおまかな流れを紹介します。

細かい手順は後ほど詳しく紹介します。

条件が合えば返品可能

Amazonでは商品の返品にいくつか条件を設定しています。

初期不良やAmazon側のトラブルでの返品の場合と、自己都合による返品とで条件が変わってきます。

どちらの場合でも商品が到着後30日以内に申請と発送を完了していないといけないので注意してください。

初期不良の場合

「注文したものと違うのが届いた」「届いたものが壊れていた」などは初期不良にあたります。

その場合、商品代金(税込)、配送料や手数料、ギフトラッピング料を全額返金してくれます。

または同一商品との交換も可能です。

自己都合の場合

「思っていたものと違った」「間違えて注文してしまった」などは自己都合にあたります。

その場合、以下の条件が適用されます。

  • 未使用・未開封であれば商品代金(税込)を全額返金
  • 開封済みであれば商品代金(税込)の50%を返金
  • 開封状態に関わらず、配送料や手数料、ギフトラッピング料は返金不可
  • 自己都合での返品の場合、送料は自己負担

また、受注生産品や特注品、名前やメッセージを個別に入れてもらった商品、デジタルミュージックやゲーム・PCソフトなどのダウンロード商品など、返品自体を受け付けていない商品もあります。

返品依頼を行う

条件に合っていると確認できたら、返品依頼を行います。

注文履歴から依頼すると、返品用のIDが発行されます。

その後必要があればプリンターを使って印刷します。

詳しい手順は後ほど詳しく紹介するので、チェックしてみて下さいね。

商品を梱包して発送する

返品に必要なものが揃ったら、梱包して返品センターへ発送します。

このとき、購入していた時の箱が残っていれば、それを使用しましょう。

もし残っていなくても適当なダンボールなどに梱包しても問題ありません。

ただし、輸送中に壊れてしまわないよう、緩衝材などを入れるなどして工夫しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。