『かわいい』が生まれる場所。

【解決!】Googleアカウントが作成できない!対処法を教えます

【解決!】Googleアカウントが作成できない!対処法を教えます

スマホでのサービスやメールなど、さまざまな機能が利用できるGoogleアカウント。

無料で作成でき、スマホ・パソコンユーザーには欠かせないサービスです。

今回は、このGoogleのアカウントが作成できない原因と対処法について解説します!

作成するときに特にチェックしておきたいことや、その他の原因までしっかり知っておきましょう。

スマホを片手にアカウント作成で悩んでいる方は必見です。

利用条件を満たしていれば、だれでも作成できるので、無事解決してアカウントを取得していきましょう。

Contents[OPEN]

【Googleアカウント】作成するときの注意点

Googleが提供している、アプリなどのサービスを利用する時に取得が必須になる「Googleアカウント」。

どなたでも無料で作成することが可能ですが、稀に作成できないトラブルに遭遇することがあります。

これはなぜなのでしょうか?

この記事は悩んでいる方におすすめします。

もし今困っている場合は、是非参考にしてくださいね!

特にAndroidのスマホを使用している方にとっては、Googleアカウントは必須のもの。

すぐに対処して使えるようにしましょう。

まずは、Googleアカウントを作成するときに注意したい3つのポイントについて、それぞれ説明します!

操作に漏れがないかを今一度チェックしておきましょう。

 

必須の項目をすべて入力する

アカウントを取得する際に注意しておきたいこととして、最初に紹介するのは入力項目です。

Googleアカウントでは、必須項目をすべて入力しておく必要があります

1つでも漏れがある時点で、次に進めることが不可能です。

Googleアカウント入力項目

登録する際の画面で、すべての欄にアカウント情報を打ち込むことができているかチェックしましょう。

基本的な項目としては、自分自身の氏名とユーザー名、そしてパスワードを登録するのが最初のステップ。

特にユーザー名については、メールアドレスとして利用することになります。

自分の覚えやすいメールアドレスを想定しながら決めておきましょう。

取得済みのアドレスは使用不可

ユーザー名の設定で苦戦を強いられてしまうケースがよくあります。

なぜかというと、すでに取得されているユーザー名は使えないからです。

簡単な単語のみのユーザー名は、もう取得されてしまっていることも!

取得する操作に入る前に、いくつかメールアドレスの候補を決めておくとスムーズですよ!

少し複雑なアドレスであればあるほど、被ることも少なくなるのでおすすめ。

 

「プライバシーと利用規約」に同意する

次に注意しておきたいことは、規約について。

Googleアカウントを取得する際には、必ず「プライバシーと利用規約」に同意する必要があります。

どんなサービス・アプリを使う時でも利用規約は表示されますよね!

それと同じようなイメージで結構です。

トラブルを防ぐためにもしっかりとチェックしてから、登録作業を進めていきましょう。

 

パスワードは半角英数・記号で8文字以上

3つ目に注意しておきたいことは、パスワードについてです。

実はGoogleで使用するパスワードについても、簡単な数列や単語にすることはできません。

登録作業の際に警告表示が何度もある方は、より複雑なパスワードにする必要があります。

現時点では、は半角英数字、そして記号を組み合わせて作成する仕組みです。

もし何度も登録に失敗してしまうようであれば、少し長めのパスワードを設定してみては?

次に進めた方は、必ずパスワードを覚えておくようにしてくださいね。
 

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。