『かわいい』が生まれる場所。

【YouTube】動画に低評価が付くとどうなる?収益への影響は?

【YouTube】動画に低評価が付くとどうなる?収益への影響は?

今や流行の発信源や、情報収集のツールとして大人気の動画共有ツールがYouTubeです。

芸能人のYouTube進出も急増していることもあり、幅広い世代に人気を集めています。

YouTubeはテレビ番組とは違い、ただ動画を視聴者が目にするだけでなく、動画に評価をつけたり、動画によってはコメントを投稿することもできます。

動画につけられる評価は「高評価」と「低評価」の2種類です。

シンプルな評価設定だからこそ、その動画の価値を大きく左右します。

今回は、YouTubeの動画に低評価がつくとどうなるのか、また、低評価がついてしまったときの対処法を紹介していきます。

【YouTube】動画に低評価が付くとどうなるの?

特にYouTubeチャンネルを開設している人が気になるのが、動画の評価です。

YouTube評価画像

出典:YouTube公式

低評価が多い動画はあまりいい印象を与えず、場合によっては初めてそのチャンネルを見ようとしている人が、低評価が多いと動画を見るのをやめてしまうこともあるかもしれません。

このように、印象としてはもちろんですが、実際に動画に低評価がついてしまった場合どのような影響があるのでしょうか。

動画に対する1カウント分の低評価が付く

高評価、または低評価を押すと手のマークの下の数字が変化し、数字がカウントされます。

評価ボタン画像

出典:YouTube公式

この評価の数を参考に動画を見る人もいるようなので、動画の価値の一部にもなり得ます。

その動画の客観的評価が分かる

YouTubeに動画を投稿する人は、ほとんどの場合が「この動画は面白い」「この動画をみんなに見て欲しい」「この情報を周りに伝えたい」と思い、自信を持って動画を投稿しているようです。

ですが、その動画が第三者から見てどうなのかは、評価がないと知る術がなく、判断するのは難しいのも事実です。

そんな時に高評価、または低評価のついた数によって、他の人から見てこの動画はどうなのか、以前投稿した動画に対して今回の反応はどうなのかを知ることができます。

この後説明しますが、評価を押すとその動画投稿者に知らてしまいそうで怖い、などの理由もあり評価を押したことない人もたくさんいるようです。

もちろん評価を押さずともその動画が素晴らしいと思っている人や、高評価も低評価も押さなかったけれど逆にその動画が良くないと思っている人もいます。

評価の数だけでその動画がどうだったかを決めつけるのはよくありませんが、高評価が多いということはその分視聴回数や、チャンネル登録者数の増加にもつながりやすいです。

視聴回数を伸ばしたい、チャンネル登録者数を増やしたい人は、高評価の多い動画づくりを心掛けましょう。

【YouTube】動画に低評価が付いた場合の収益への影響は?

YouTubeは動画を投稿し共有するサービスですが、一定の条件を満たすと収益を得ることができます。

YouTubeを見ていると、途中で広告が流れたり動画の中に広告バナーが表示されることがあります。

YouTube広告バナー画像

出典:YouTube公式

この広告によって、動画投稿者は収益を得ることが可能です。ですが、動画を投稿し広告をつければ誰でも収入を得ることができるわけではありません。

広告収入を得るためにはYouTubeパートナープログラムに申し込む必要があり、YouTubeパートナープログラムに参加するには以下の条件があります。

  1. 年齢が18歳以上である
  2. 過去12ヶ月の総再生時間が4000時間以上
  3. YouTube収益化ポリシーを遵守している
  4. チャンネル登録者数が1000人以上

3つ目までの項目は守るべきものを守り、多くの動画を地道に投稿していけば達成を目指せるものですが、難しいのがチャンネル登録者数の項目です。

これは動画投稿を続ければどうにかなるものではなく、いかにそのチャンネルの動画を今後も見たいと思いチャンネル登録をしてくれる人を増やすかが大切になってきます。

チャンネル登録者数1000人は決して簡単にクリアできる人数ではありませんが、上記の条件全てを達成することで初めてYouTubeで収益を得ることができるようになります。

一度この基準をクリアすれば、例えば収益化した後チャンネル登録者数が1000人を下回ったとしてもパートナープログラムから外されることはありません。しかし、6ヶ月以上動画投稿などの活動がない場合は資格を取り消されてしまうことがあります。

Youtubeヘルプページ

出典:YouTubeヘルプ

YouTubeで広告収入を得ることができるようになった後も、それまでと同じく高評価、低評価の判断が下されます。

時にはYouTuberとして有名になったり、登録者数が増えれば増えるほど評価がシビアになることもあります。

では、YouTubeで収益を得ることができるようになった後、低評価がつくと広告収入への影響はあるのでしょうか。

動画の広告収入への影響はほぼないと考えてOK

低評価が多くなると動画の広告収入が減ってしまったり、広告がつきにくい、検索で上位に上がりにくいなど様々な噂がネットで流れていますが、低評価によって動画の広告収入の影響はほぼないとされています。

ただ注意点としては、低評価は広告収入に直接は関係ないですが、もしYouTubeの規定に反している動画を投稿しアカウントが停止された場合は収益もストップします。

また、YouTubeの制度は定期的に修正が行われているので、今後低評価が広告収入に影響が出るように変わる可能性もあります。動画投稿をしている人は特に制度の変更をこまめにチェックしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。