『かわいい』が生まれる場所。

LINEの2段階認証はしてる?設定方法とできないときの対処方法!

LINEの2段階認証はしてる?設定方法とできないときの対処方法!

LINEではアカウントの乗っ取り被害がたびたび起きていますが、それを防ぐための方法として2段階認証が有効です。

これを設定しておくとセキュリティが強化され、第三者に不正ログインされるリスクを抑えられるため、LINEを使っている人は2段階認証を設定しておくといいでしょう。

ですが、どうやって2段階認証を設定すればいいのか分からない…という人も多いと思います。

そこで今回は、LINEで2段階認証を設定する方法や設定できない時の対処方法を紹介します!

LINEの2段階認証とは?

では、そもそもLINEの2段階認証とはどういった仕組みになっているのか詳しく解説していきます。

パスワードと確認コードが必要な認証方式

LINEの2段階認証とは、電話番号(またはメールアドレス)とパスワードの認証に加え、確認コードの入力が必要となる認証方式のことです。

2段階認証の時に必要となる確認コードは、アカウントに登録されている電話番号を使用している端末に送られてきます。

この確認コードを入手しないと1段階目の認証を突破できても、2段階目の認証を突破できないのでLINEアカウントにログインできません。

なお、LINEで2段階認証を求められるのは以下の場面です。

  • 電話番号が異なる端末にアカウントを引き継ぐ時
  • PC版・iPad版LINEに初めてログインする時

電話番号を変えずに機種変更した時や、同じ端末にLINEをインストールし直した時は2段階認証が不要で、電話番号とパスワードを入力してログインするだけで引き継げます。

2段階認証のメリット

2段階認証の最大のメリットは、メールアドレスやパスワードなどの登録情報が流出してしまった時に第三者に不正ログインされるリスクを最小限に抑えられる点です。

メールアドレスやパスワードなどは他のwebサービスで登録しているものと同じものを使いまわしている…という人も多いでしょう。

ですが、他のwebサービスで設定しているメールアドレスやパスワードを使いまわしていた場合、他のwebサービスで情報漏洩があってログイン情報を第三者に盗み取られてしまうと、LINEのアカウントにも不正ログインされてしまう恐れがあります。

しかし、2段階認証を設定しておくことで、電話番号(またはメールアドレス)とパスワードの認証は突破できても、本人のスマホにしか届かない確認コードを入手するのは困難なので、悪意のある第三者によって不正ログインされるリスクは非常に低くなります。

【LINE】2段階認証の設定方法(前準備)

2段階認証を行うには、電話番号などを事前に設定しておく必要があります。

電話番号を登録しておく

2段階認証を設定するには、LINEアカウントに電話番号を登録しておく必要があります。

現在は電話番号を登録しないとアカウントが作成できませんでしたが、以前はFacebookアカウントを使用することで電話番号を登録しなくても作成できたので、電話番号が未登録の状態でLINEを利用している人もいると思います。

ですが、未登録の状態だとSMSや音声通話で確認コードを受け取れません。そのため、まだ登録していない人はLINEの「設定」→「アカウント」→「電話番号」の順にアクセスして電話番号の登録を行いましょう。

電話番号の登録

なお、LINEに登録できる電話番号は固定電話と携帯電話の番号のみで、050から始まるIP電話の番号は登録できないので注意して下さい。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。