『かわいい』が生まれる場所。

【意外と簡単!】iCloudのアカウントを削除する方法をご紹介

【意外と簡単!】iCloudのアカウントを削除する方法をご紹介

iPhoneやiPadでiCloudのアカウントにサインインすると、5GBまでのストレージ容量を無料で使えたり、iCloudでデータのバックアップを取ったりできるのでとても便利です。

しかし、機種変更で旧端末を使わなくなった、アカウントを新しく作り直したなど様々な理由で、iCloudのアカウントを端末から削除したい時もあると思います。

そこで今回は、iCloudのアカウントを削除する方法をご紹介します!

【iCloud】アカウントを削除したい!

機種変更で旧端末を使わなくなった時や、新しく作成したiCloudアカウントでサインインしたい時は、現在サインインしているiCloudアカウントを端末から削除(サインアウト)する必要があります。

では、iCloudアカウントはどうやって削除すれば良いのでしょうか?

(パスワードが分かる場合)本体の設定画面から削除する

端末からiCloudのアカウントを削除する時は、本人確認のためにパスワードの入力を求められます。

もし、iCloudアカウントのパスワードを覚えている場合は、本体の設定画面から簡単に削除できます。

iCloudアカウントを設定画面で削除する時の操作手順については、後ほど詳しくご紹介します。

(パスワードが不明な場合)ツールを使う

うっかりパスワードを忘れてしまった場合は、残念ながら本体の設定画面からiCloudアカウントを削除することはできません。

ですが、他社製のツールを使えば、パスワードがなくても削除できる場合があります。

パスワードなしで削除できるツールや使い方については、後ほど詳しくご紹介します。

【iCloud】アカウントを削除するときの注意点

iCloudのアカウントを端末から削除する時は、以下の3つの点に注意して下さい。

  • 端末でiCloudに保存中のデータにアクセスできなくなる
  • App StoreやiTunes Storeで購入したコンテンツにアクセスできなくなる
  • iMessageやiCloudメールを送受信できなくなる

では、以上の3つの注意点をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

端末でiCloudに保存中のデータにアクセスできなくなる

写真や連絡先、Safari、カレンダーなどのデータはiCloud上に保存しておくことができますが、端末からiCloudアカウントを削除すると、それらのデータにアクセスできなくなります。

ですが、iCloudアカウントを削除する時にデータのコピーをiPhoneに残すか聞かれます。

そこでコピーを残すデータを選択すれば、選択したデータがiCloudからダウンロードされ、削除後も端末からアクセスできるようになります。

また、iPhoneにデータを残さなくてもデータそのものはiCloud上に保存され続けるので、もう一度iCloudアカウントにサインインすれば、再びデータにアクセスすることができます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。