『かわいい』が生まれる場所。

【電子書籍】Kindleがダウンロードできない!原因と対処法はこれ!

【電子書籍】Kindleがダウンロードできない!原因と対処法はこれ!

Amazonサービスの1つである「Kindle」。

このサービスでは色々な書籍が読めるので人気がありますよね。

それも無料で読めるものもあるので、読書をよくする人には嬉しいです。

今回は、このKindleがダウンロードできないときの原因と対処法を解説していきます。

【Kindle】電子書籍がダウンロードできない!原因は?

まずは、ダウンロードできない原因を探していきましょう。

何が問題でできないのかによって対処法が変わってきます。

正しい対処をするために、どのような原因があるのか知ることは大切なことです。

Kindleアプリだけで購入ダウンロードはできない(iPhone・iPad)

Kindleの書籍をダウンロードしようとしている端末は、どの端末でしょうか。

iPhoneユーザーは、Kindleを使いはじめる前に知っておかないといけないことがあります。

それは、iOS版では、KindleのアプリでもAmazonのアプリでも、Kindle用の書籍を買うことができないという点です。

「iOS版」ではサポートされていないとのことなので、iPhoneだけでなくiPadでも同じく購入できません。

このことは、事前に知っておく必要がありますよね。

もし、これが原因で入れられないのであれば、解決するのは簡単ですよ!

端末自体に問題がある

問題は、アプリだけでなく端末自体にあることも考えられます。

例えば、本体のOSが古くてダウンロードするときにエラーを起こしている可能性などです。

たまたま操作しているときに、本体にキャッシュが溜まっていて入れることができないこともあり、その場合はアプリではなく本体の操作で改善するかもしれません。

ダウンロードには容量が必要です。

本体の容量がいっぱいだと保存できないこともあります。

インターネットに接続されていない・問題が発生している

ダウンロードのためには、インターネット環境が必要です。

残念ながら、オフラインでのダウンロードは対応していないので注意してくださいね。

また、通信環境が弱い・不安定などの問題が発生しているときにも、上手くダウンロードできないことがあります。

データ量の多いものを入れようとするとその分通信量を使ってしまうので、Wi-Fi環境がある場所で行うと安心ですよ。

他のサービスでも、通信環境はとても大切な部分になるため、操作する場所には気をつけましょう。

登録内容に問題がある

Kindleを使うには、まず自分の情報を登録することが必要です。

登録情報に誤りがあると、エラーが起きてしまいます。

もう一度、入力した情報とはじめに登録した情報に相違がないか確認してみてください。

情報が間違っているのであれば、ログインすらできない可能性があります。

そのため、入力する文字の配列や大きさはしっかり確認して登録を進めるようにしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。