『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】充電したのに!電池の減りが異常に早いときの対処法

【iPhone】充電したのに!電池の減りが異常に早いときの対処法

今回は、iPhoneの電池の減りが異常に早いときの原因と対処法について詳しく解説していきます。

Contents[OPEN]

【iPhone】電池の減りが異常に早いときにまず行うこと

原因別の対処法を試す前にまずは以下の2つのことを行って下さい。

  • iOSを最新の状態にアップデートする
  • 本体を再起動する

早速、iOSのアップデートと本体を再起動する時の操作手順を詳しく見ていきましょう。

iOSを最新の状態にアップデートする

不具合やバグを持つ古いバージョンのiOSが原因で電池の減りが異常に早くなっている可能性があるため、まずは下記の手順でiOSを最新版にアップデートして様子を見てみましょう。

操作手順

  1. 設定を開いたら、「一般」をタップ。
  2. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ。
  3. 「ダウンロードしてインストール」をタップ。
  4. 「利用条件」が表示されたら、画面右下の「同意する」をタップ。
  5. アップデートに必要なファイルのダウンロードが終わったら、「インストール」をタップ。

引用:Apple公式サイト

本体を再起動する

電池の減りが異常に早い時は、iOSのアップデートと共に本体の再起動も一度試してみて下さい。

一時的な不具合が原因で電池の減りが早い場合は、下記の手順で本体を再起動すると電池の減りが改善することもあります。

iPhone 11、Xの場合

  1. 端末の側面にある片方の音量調節ボタンとサイドボタンを同時に長押しする。
  2. 「スライドで電源オフ」のスライダを左から右へ動かして電源を切る。
  3. 電源が切れたら、Appleのリンゴマークが表示されるまでサイドボタンを長押しする。

引用:Apple公式サイト

iPhone SE(第2世代)、8、7、6の場合

  1. 端末の側面にあるサイドボタンを長押しする。
  2. 「スライドで電源オフ」のスライダを左から右へ動かして電源を切る。
  3. 電源が切れたら、Appleのリンゴマークが表示されるまでサイドボタンを長押しする。

引用:Apple公式サイト

iPhone SE(第1世代)、5以前の場合

  1. 端末の上部にあるトップボタンを長押しする。
  2. 「スライドで電源オフ」のスライダを左から右へ動かして電源を切る。
  3. 電源が切れたら、Appleのリンゴマークが表示されるまでトップボタンを長押しする。

引用:Apple公式サイト

【iPhone】電池の減りが異常に早い原因は?

iPhoneの電池の減りが早すぎるのを改善するためには、なぜそうなってしまうのか原因を知っておくことが大切です。

主な原因は、以下の4つです。

  • バッテリーが劣化している
  • バッテリーの使用率が高いアプリを長時間使っている
  • 本体やアプリの設定に問題がある
  • 本体の扱い方に問題がある

では、4つの原因を詳しく見ていきましょう。

バッテリーが劣化している

電池の減りが早すぎる原因としてまず考えられるのは「バッテリーの劣化」です。

内臓バッテリーは使用していくうちに徐々に劣化し、性能が落ちてしまいます。

バッテリーが劣化しているかどうかはiPhoneの「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」→「最大容量」で確認できます。

「最大容量」で確認

もし、最大容量が80%を下回っている場合はバッテリーが寿命を迎えていると考えていいでしょう。機種変更するか、Apple Storeなどで新しいバッテリーに交換しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。