『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】これで解決!ブラックアウトしたときの対処法まとめ

【iPhone】これで解決!ブラックアウトしたときの対処法まとめ

iPhoneを使っている時、突然画面が真っ暗になってボタンも反応しなくなって焦った経験はありますか?

この症状は「ブラックアウト」と呼ばれていますが、これが起こる原因は様々です。

では、突然ブラックアウトが起きた時、一体どのように対処すれば良いのでしょうか?

そこで今回は、iPhoneがブラックアウトする原因と対処法について詳しく解説していきます!

【iPhone】ブラックアウトとは

まずは、ブラックアウトとはどういった症状なのか具体的に説明します。

画面が真っ暗になって動かない状態

iPhoneの「ブラックアウト」とは、何らかの原因で画面が真っ暗になり、本体が動かなくなった状態のことを指します。

ホームボタンや電源ボタンを押したり、画面をタッチしたりしても反応しないのでiPhoneを操作することができません。

なお、ブラックアウトの症状は大きく分けると以下の2種類があります。

  • 本体は起動できているのに、何らかの原因で画面が真っ暗になっている
  • 本体を起動できないのが原因で画面が真っ暗になっている

そもそも本体が起動していなければ画面が真っ暗になるのは当たり前ですが、本体が起動できているにも関わらず、何故かブラックアウトが起きてしまう場合もあるのです。

いずれにしても、ブラックアウトが起きるのは何かしら原因があるので、まずはなぜブラックアウトが起きているのか原因を突き止める必要があります。

(試すべきこと)本体を充電して様子を見る

ブラックアウトが起きた場合は、まず本体を充電してから様子を見てみましょう。

画面が真っ暗になっているのは本体の故障や不具合ではなく、単純に充電が切れていて本体が起動していないのが原因かもしれません。

もし、本体を充電して様子を見ても改善しない場合は、他に原因があると思われます。

(試すべきこと)バックライトを交換してみる

iPhoneの液晶画面の裏側には「バックライト」というライトが付いています。

このバックライトが寿命を迎えて切れてしまうと画面の明るさが極端に落ちてしまい、画面が真っ暗に見えることがあります。

もし、本体を充電して様子を見てもブラックアウトが改善しない場合は、バックライトを新しいものに交換してみて下さい。

ただ、バックライトの交換は難易度が高く、専門的な知識や技術がない人が交換するとトラブルが起こる可能性があります。

この場合は専門の業者に修理を依頼しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。