『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】SafariとChromeのブックマークを同期しよう!

【iPhone】SafariとChromeのブックマークを同期しよう!

SafariのブックマークをChromeに追加する

ここまでできたら、あとは簡単です。

○「HTMLファイルをブックマークに登録」を選択し、「ファイルを選択」をクリック

Google Chrome ファイル選択

○先ほど、出力したhtmlファイルを指定

するとSafariのブックマークにあったサイトが、Chromeにも追加されたかと思います。

全ての手順が終わったら、本当にサイトが同期できているかチェックしてみましょう。

AnyTransで同期するメリット

AnyTransを使って、同期する方法は分かりましたか?

この記事では、「iCloudを使った同期方法」と「AnyTransを使った方法」の2パターンを紹介してきました。

では、どうしてわざわざAnyTransを使って同期する必要があるのでしょうか?

ここからは「AnyTransで同期するメリット」について紹介していきます。

今回取り上げるメリットは、以下の2つです。

  • ブックマークの編集・追加・削除ができる
  • 連絡先・写真・音楽などにも対応している

1つずつ見ていきましょう。

ブックマークの編集・追加・削除ができる

AnyTransを使って同期することの最大のメリットが、「ブックマークの編集・追加・削除ができる」という点です。

iCloudの場合、Safariにお気に入り登録しているものは全て、Chromeにも同じかたちで登録されます。

つまりPCで、あるサイトをブックマークから外すと、自動的にiPhoneも解除されます。

完全に同期されていることは便利ではあるのですが、「スマホでは見るけれど、PCでは一切見ないな」というサイトもありますよね。

AnyTransであれば、同期するサイトを取捨選択することができるので、「不要なブックマーク」がなくなり整理・管理することができます。

特に普段からブックマークを良く使い、「デバイス毎にきちんと管理していきたいな」と思っている方には、AnyTransがおすすめです。

連絡先・写真・音楽などにも対応している

AnyTransのもうひとつのメリットは、「連絡先・写真・音楽などにもサポートしている」という点です。

AnyTransは「ブックマーク」だけではなく、iPhoneの「写真・動画」や「音楽」、「メッセージ」、「連絡先」などのデータも簡単に転送できます。

そのためバックアップを取る時に利用すると、便利です。

iPhoneが故障した時や紛失してしまった時、中に保存していたデータがまるっきり消えてしまったということもあり得ます。

日頃から、AnyTransを使ってバックアップする癖を付けておきましょう。

SafariのブックマークをAndroidのChromeに移行する方法

ここまでは、iPhoneとPCのChromeを同期する方法について見てきました。

ここからは、iPhoneとAndroidを同期する方法を紹介していきます。

iPhoneとAndroidのスマホを1台ずつ持っているという方や、Androidのタブレットを使用されている方は参考にしてみてくださいね。

また、Androidに同期するためには「パソコン」が必要になるので、事前に準備しておくようにしましょう。

iCloudとSafariを同期しよう

まずは、iPhoneのSafariをiCloudと同期していきましょう。

同期の設定方法はこちらです。

○iPhoneのホーム画面から「設定」アプリを起動

iPhone 設定

○「アカウント」をタップ

設定 アカウント

○「iCloud」を選択し、Safariをオン(緑色)にする

iCloud Safari

「SafariデータをiCloudに結合します」と表示が出た時は、「結合する」をタップするようにしてください。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。