スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】自動ロックの設定が変更できない!原因と対処方法

【iPhone】自動ロックの設定が変更できない!原因と対処方法

iPhoneに搭載されている自動ロックは、セキュリティを守るために重要な役割を果たしています。

しかし、ユーザーの間では、「設定の変更ができない不便な機能だ」と不満の声が上がることがあります。

いったいなぜなのでしょうか?

今回は、自動ロックの時間変更ができない原因と対処法を紹介していきます!

【iPhone】自動ロックとは?

世界中で、スマホの盗難事件が後を絶ちません。

スマホには連絡帳やクレジットカード情報など、第三者に渡ったら大きな被害がでる個人情報が保存されているため、スマホの盗難は深刻な問題です。

ユーザーの大切なiPhoneを犯罪者の手から守るため、Apple社はこれまでいろいろな機能を考案し、iPhoneに導入してきました。

そんな機能の1つが自動ロック機能です。自動ロック機能とはどんな機能なのでしょうか。

一定時間内に操作をしないと自動でロックがかかる機能

iPhoneの自動ロック機能とは、iPhoneから手を離して時間が経つと自動的にiPhoneにロックがかかる機能のことです。

自動ロックがかかると、再びiPhoneを開くためにパスコードを打ち込んだり指紋認証をする必要があります。

iPhoneの操作をしながら食事をしていているときに、iPhoneをテーブルの上に置きランチやディナーの料理を口に運び、その後フォークや箸をテーブルの上に置いてiPhoneを操作しようと思ったら、iPhoneの画面が真っ暗になっていて、ホームボタンを押したらロック画面だった、といった経験をしたことはないでしょうか。

自動ロックが作動し、ユーザーの意志に反してiPhoneにロックがかかった典型的な例です。

自動ロックは節電とセキュリティ面に利点がある

自動ロックがかかると、パスコードを再び入力しないと操作画面を開けません。

指紋認証の場合、ホームボタンや指が汚れていてiPhoneがなかなか認識できず、操作画面を開けないとイライラします。

多くのユーザーはこうした理由のために、自動ロック機能を煩わしいと感じます。

しかし、自動ロックはとても大切な機能です。自動ロック機能のおかげで、使っていないiPhoneの電源が入ったままバッテリーを無駄に消費していくという問題を避けることができます。

また、自動ロック機能のおかげで、自分がふと目を離したすきに、第三者が自分のiPhoneを開き、盗み見したり、個人情報を盗んだりすることを防ぐこともできます。

煩わしいと感じることは事実ですが、自動ロック機能のおかげで多くのトラブルから守られていることを忘れないようにしましょう。

【iPhone】自動ロックの設定の変更方法

iPhoneを購入したときから何も変更していないようなら、iPhoneの自動ロック機能がロックされるまでの時間の間隔は1分に設定されています。

1分はあっという間に過ぎるため、自動ロック解除のために毎日20回も、30回もパスコードを入力しなければならず、ウンザリします。

自動ロックがかかる時間の間隔を変更して長くすれば、こうしたストレスから解放されます。

続いては、自動ロックの時間を変更する手順を紹介します。

自動ロックがかかるまでの時間を変更する手順

iPhoneの自動ロックの設定は、「設定」アプリから行います。まずホーム画面にある「設定」アプリを開きましょう。

設定

表示されているメニューの中に「画面表示と明るさ」があるので選択しましょう。

画面表示と明るさ

表示されている項目の中に「自動ロック」があるので選択しましょう。

自動ロック

ここで自動ロックの時間の間隔を変更できます。30秒、1分、2分、3分、4分、5分の6つのオプションが用意されているので、好きなものを選びましょう。

自動ロック

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。