『かわいい』が生まれる場所。

【iTunes】お気に入りのCDをインポートする方法をわかりやすく解説♪

【iTunes】お気に入りのCDをインポートする方法をわかりやすく解説♪

自分の好きなアーティストがリリースしたCDをスマホやPCなどで自由に再生できるようにしたいとき、どのようにしていますか?

おそらくPCに購入したCDをセットし、収録されている楽曲をインポートすることが多いのではないでしょうか?音楽をPCに取り込む作業をするためには、専用のソフトが必要になります。

CDから音楽をインポートできるものとしては、数多くのソフトが存在していますが、今回はiPhoneユーザーにはおなじみの『iTunes』を使ったCDの取り込みについて特集していきます。iTunesなら、数あるアプリの中でも特に操作もしやすく、動作についても安定していますので、利用するメリットは多いです。

iTunesを使ったことはあるけれどもCDから収録されている音楽を取り込んだことがない方は、是非今回の記事を参考にしてみてくださいね。

iTunesを持っていないPCユーザーでも、まず準備段階の説明から進めていきますので、安心してください。「CDをいれても全く認識してくれない」などのトラブルに遭遇してしまった場合の対処法などについても併せて紹介します!

それでは見ていきましょう。

【iTunes】CDをインポートする前に!基本の準備!

まずはiTunesを使ってCDから楽曲を取り込む前の準備段階の解説から始めていきます。まだiTunesをPCで利用したことが無い方、Androidユーザーの方であまり使ったことが無い方、CDをそもそもインポートすらしたことが無い方はこちらから読み進めてください。

基本的な準備とはいっても、特に難しい作業は一切ありません。普段から日常生活の中で使っているPCと、有線やWi-Fiが使えるネットワーク環境があればすぐに始められますよ。早速PCの電源を入れてインポートするための準備をスタートしましょう。

PCの準備と同時に、取り込む予定のCDについても準備しておいてください。MacのPCを使っている方でもWindowsのPCを普段から使っている方でも同じようにインポートできますので心配は無料です。

まずはiTunesをPCにインストール・起動しよう!

最初にやることは、お使いのPCにiTunesをダウンロード・インストールすることです。まだiTunesが追加されていない場合にはこちらから進めましょう。インターネットブラウザから『iTunes』を検索して公式サイトからアプリをダウンロードします。

Macを使っている方は、プリインストールされている場合が多いですので、ダウンロード前にアプリ一覧にあるかを確かめておいてください。Macでアプリ一覧を表示させるには、Launchpadをクリックします。

【Mac以外の人】Microsoft Store経由でダウンロードがおすすめ

ただし、Mac以外のPCを使っている方(Windows)の場合については、公式サイトからダウンロードするのではなくMicrosoft Store経由でPCに追加することをおすすめします。

もちろん公式サイトからアプリを導入する方法でも結構ですが、パッケージファイルをダウンロードし、それを展開してインストール作業をするまでの操作を自分で進めなければなりません。PCを使いこなしていない方にとっては少し難易度が高くなります。

特別な理由がない限り、Microsoft Storeを経由したダウンロードにしましょう。ただし、あまりにもPCのバージョンが古い機種の場合は、そもそもMicrosoft Store自体が使用できない可能性があります。

対応している際は、PCの内部にストアアプリがあらかじめインストールされていますので、一度探してみてください!デスクトップ左下の『スタート』ボタンをクリックして、追加されているアプリやプログラム一覧からストアを見つけられます。
 
Microsoft StoreでiTunesを検索したら『ダウンロード』を選択するだけで、すぐに導入可能です。この時に安定したネットワークでインストールを済ませるようにしてください!

インストールまで完了したら、早速iTunesのアプリを起動してみましょう。ライブラリなどが表示されます。

【iTunes】CDをインポートしよう!CDを読み込もう

iTunesのアプリをPCに用意したら、早速本題に入りましょう。CDに収録されている音楽を読み込ませる手順を解説していきます。実際に取り込みたいアルバムなどを用意してくださいね。

PCに付属されているディスクドライブにCDを入れましょう。ディスクドライブは、家庭用のPCであれば標準搭載されていることが多いです。ただしMacbook Airなど形状によっては物理的にCDのドライバを搭載できない機種もあります。PCにディスクドライブが搭載されていない場合は、別途外付けのドライバを準備する必要がありますので事前に用意が必要です。

CDの向きに気を付けながらPCに読み込ませていきます。挿入したら、内部の音楽が読み込まれるまで待機してください。

操作手順

それでは操作手順の説明に入ります。CDの内部が読み込まれると、自動的に収録されているトラックがアプリの画面に表示されます。基本的に待機するだけで楽曲が全て聴ける状態になります。聴くのみであれば、このまま再生ボタンを押すことで再生可能です。

インポートの作業は読み込まれた後で可能です。これについては次のセクションで説明します。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。