『かわいい』が生まれる場所。

スマホの遠隔操作とは|監視アプリの危険性や悪用の確認・対処法も解説

スマホの遠隔操作とは|監視アプリの危険性や悪用の確認・対処法も解説

遠隔操作アプリをスマホにインストールすることで、持っているスマホを他のデバイスでも操作できるようになります。

遠隔操作できるようになれば、紛失したスマホの位置情報を特定できたり、第三者に個人情報を悪用されるのを防ぐことができます。

しかし、これを第三者に悪用されてしまった場合、個人情報の流出やストーカーなどの犯罪といった様々なトラブルに巻き込まれる恐れもあります。

そこで今回は、スマホを遠隔操作してできることやおすすめのアプリ、遠隔操作されないための対策を解説していきます。

Contents[OPEN]

スマホを遠隔操作してできること

スマホを遠隔操作によって、主に以下のことができるようになります。

  • 画面共有できる
  • メールや通話履歴を確認
  • 位置情報を特定
  • スマホをロック/データを削除
  • 古いスマホを監視カメラ化

では、具体的にどんなことができるのか、ひとつひとつ詳しくチェックしていきましょう。

画面共有できる

スマホを遠隔操作することで、遠隔先のスマホの画面を遠隔元のデバイスと共有できるようになります。

例えば、スマホの操作が分からない時に別のデバイスと画面を共有すれば、2人が一緒にいなくても同じ画面を見ながら一緒に操作できたり、遠隔先のスマホの画面を見ながら、電話で操作を教えるといった使い方ができます。

ただ、この機能を悪用されてしまうと、自分のスマホの画面を第三者も見られるため、閲覧しているwebサイトやSNSの内容などが全て筒抜けになってしまいます。

メールや通話履歴を確認

スマホを遠隔操作できれば、メールの内容や通話履歴もチェックできるようになります。

この機能を有効活用すれば、複数のデバイスでメールの管理ができてとても利です。

ただし、これを第三者に悪用されるとプライベートな内容が全て筒抜けになってしまい、プライバシーが侵害されてしまうでしょう。

また、スマホに仕事で使っているメールアドレスを登録している場合、仕事関係のやり取りまで把握され、場合によっては会社に重大な損害を与えることにもなりかねません。

位置情報を特定

スマホにはGPS機能が付いていて、これを使うことで位置情報を特定することができます。

そのため、スマホを遠隔操作できるようになれば、遠隔操作中のスマホを所有している人が今どこにいるのか、居場所を特定できるようになります。

遠隔操作アプリを悪用されてしまえば、第三者に住所や職場、現在地がバレてしまい、窃盗やストーカーなどの犯罪に巻き込まれてしまうかもしれません。

スマホをロック/データを削除

スマホを遠隔操作できれば、遠隔地からスマホをロックできたり、端末内に保存しているデータを削除することも可能です。

うっかりiPhoneを紛失してしまうと、それを拾った第三者に勝手に中身を見られてデータを悪用されてしまう恐れもあります。

そういった時にスマホを遠隔操作してスマホをロックしたり、データを削除しておけば、大切な個人情報が外部に漏れるのを防ぐことができるでしょう。

しかし、この機能を悪用されてしまうと、第三者にいたずら目的でスマホをロックされたりデータを削除されてしまい、大切な個人情報を失ってしまうことにもなりかねないので注意が必要です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。