『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】MP3を取り込み/再生する方法を解説!できないときの対処法も

【iPhone】MP3を取り込み/再生する方法を解説!できないときの対処法も

今やiPodやウォークマンなどの音楽プレイヤーを持っていなくても、スマホで音楽を持ち運べるようになりました。

PCに取り込んだ音楽をiPhoneで聴きたいという方は大勢いると思いますが、音楽を取り込みiPhoneに転送する方法がわからない方も多いでしょう。

そこで今回は、音楽(MP3)を取り込んでiPhoneで再生する方法を詳しく解説していきます。

【iPhone】MP3を取り込みして再生する方法《iTunes》

まずは、大勢のiPhoneユーザーが利用しているiTunesを使って、MP3を取り込み・再生する方法をご紹介していきます。

iTunesに取り込む

まずは、iTunesのライブラリにMP3の音楽ファイルを取り込みましょう。

音楽ファイルを取り込むには、以下の手順で操作を行って下さい。

iTunesを起動したら、画面上部メニューの「ファイル」をクリックします。

「ファイル」をクリック

メニューの中にある「ファイルをライブラリに追加」を選択しましょう(フォルダでまとめて追加したい場合は「フォルダをライブラリに追加」を選択します)。

「ファイルをライブラリに追加」を選択

取り込みたい音楽ファイルを選択したら、「開く」をクリックして下さい。

「開く」をクリック

これで、iTunesに選択した音楽ファイルが取り込まれます。

また、音楽ファイルが入ったフォルダを選択し、iTunesの画面上にドラッグ&ドロップするだけでも音楽を取り込むことができます。

なお、元の音楽ファイルがMP3以外のファイル形式だった場合、iTunesライブラリに追加した後、ファイル形式をMP3に変換することができます。

iTunesでMP3に変換する時の操作手順は以下の通りです。

iTunesを起動したら、画面上部メニューの「編集」をクリックします。

「編集」をクリック

メニューの中にある「環境設定」を選択しましょう。

「環境設定」を選択

設定画面を開いたら、「一般」タブの画面に表示されている「読み込み設定」をクリックし、「インポート方法」を「MP3エンコーダ」に変更して「OK」をクリックします。

「MP3エンコーダ」に変更

設定画面を閉じたら、MP3に変更したい音楽ファイルを選択しましょう。

音楽ファイルを選択した状態で、画面上部メニューの「ファイル」をクリックして下さい。

「ファイル」をクリック

メニューの中にある「変換」→「MP3バージョンを作成」をクリックします。

「MP3バージョンを作成」をクリック

すると、MP3に変換された音楽ファイルが作成されます。

iTunesとiPhoneを同期

iTunesに音楽ファイルを取り込んだ後は、iTunesとiPhoneを同期させて音楽ファイルをiPhoneに転送しましょう。

iTunesとiPhoneを同期する時の操作手順は以下の通りです。

iTunesを起動したら、PCとiPhoneをUSBケーブルで接続します。

iPhoneが正常に認識されるとiTunesの画面左上にデバイスのアイコンが表示されるので、それをクリックしましょう。

デバイスのアイコンをクリック

iPhoneの管理画面を開いたら画面左メニューの「ミュージック」を選択して下さい。

「ミュージック」を選択

「ミュージックを同期」にチェックを入れます。

iTunesに取り込んだ全ての音楽を同期させたい場合は「ミュージックライブラリ全体」にチェック、個別に音楽を選択したい場合は「選択したプレイリスト、アーティスト…」にチェックを入れ、同期させたい音楽を選択しましょう。

「ミュージックを同期」にチェック

画面右下の「適用」をクリックした後、「同期」をクリックすればiTunesとiPhoneの同期が始まります。

「同期」をクリック

iPhoneが正常に認識されず同期できない場合は、

  • iPhoneのロックを解除しているか?
  • 「このコンピュータを信頼しますか?」と聞かれた時に「信頼」を選択しているか?
  • Apple純正、もしくはMFi認証のUSBケーブルを使用しているか?

以上の3つの項目を確認してみて下さい。

ミュージックから再生

iTunesから転送されてきた音楽は、iPhoneの「ミュージック」に保存されます。音楽を聴きたい時は「ミュージック」を開き、曲名をタップするだけでOKです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。