『かわいい』が生まれる場所。

【慎重に!】iPhoneのアプリの完全削除や復元方法を教えます

【慎重に!】iPhoneのアプリの完全削除や復元方法を教えます

iPhoneのアプリは不要になったら簡単にアンインストールできますし、また必要になったら簡単に復元できます。アプリの数が多すぎるとホーム画面がゴチャゴチャしますし、ストレージ容量も圧迫してしまいます。

そうなると起動したいアプリも探しにくくなってしまいますし、新しいデータを保存できなくなってしまうので、定期的に不要なアプリはiPhoneから削除することをおすすめします。

そこで今回は、iPhoneのアプリの完全削除・復元方法について詳しく説明していきます。

【iPhone】アプリを完全削除する方法

iPhoneに保存されているアプリを完全に削除する方法は、以下の2つあります。

  • アプリ長押しで削除する方法
  • 設定画面から削除する方法

アプリを完全に削除すると、端末内にデータが保存されるアプリの場合は、アプリ内のデータも一緒に削除されてしまいます。再インストールしてもデータは復元されないのでその点に注意して下さい。

アプリのサーバーにデータが保存されるアプリの場合は、消えないので安心して下さい。では、以上2つの方法をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

アプリ長押しで削除する方法

アプリ長押しで削除する方法

ホーム画面に表示されているアプリのアイコンを長押しして削除する方法が最も簡単な削除方法です。この方法で削除するには、以下の手順で操作を行って下さい。

iOS 13.3以降の場合

  1. 削除したいアイコンを長押し。
  2. メニューが表示されたら、「Appを削除」をタップ。
  3. 「”〇〇(アプリ名)”を削除しますか?」と聞かれたら、「削除」をタップ。
iOS 13~13.3の場合

  1. 削除したいアイコンを長押し。
  2. メニューが表示されたら、「Appを並び替える」をタップ。
  3. アイコンがブルブルと震えたら、左上の「×」ボタンをタップ。
  4. 「”〇〇(アプリ名)”を削除しますか?」と聞かれたら、「削除」をタップ。
iOS 12以前の場合

  1. 削除したいアイコンを長押し。
  2. アイコンがブルブルと震えたら、左上の「×」ボタンをタップ。
  3. 「”〇〇(アプリ名)”を削除しますか?」と聞かれたら、「削除」をタップ。

これで、アプリがiPhoneから削除されました。

設定画面から削除する方法

iPhoneに保存されているアプリは、iPhoneの設定画面から削除することも可能です。この方法で削除するには、以下の手順で操作を行って下さい。

<操作手順>
「設定」を開いたら、「一般」をタップします。

「一般」をタップ

「iPhoneストレージ」をタップしましょう。

「iPhoneストレージ」をタップ

消したいアプリを選択して下さい。

消したいアプリを選択

アプリの詳細画面を開いたら、「Appを削除」をタップします。

「Appを削除」をタップ

これで、アプリがiPhoneから削除されました。なお、アプリを間違えて削除してしまった場合でも、App Storeから簡単に復元することができます。復元する方法については、後ほど詳しくご紹介します。

【iPhone】アプリを完全削除ではなくデータだけを残しておく方法

先ほどご紹介した方法でアプリを削除した場合、アプリだけでなくデータも一緒に削除されてしまいます。ストレージ容量を節約したいし、ホーム画面をスッキリさせたいけれど、データが消えるのは困るという方もいるでしょう。

実は、データを残しておいたままアプリだけ削除するということも可能です。では、その場合のアプリの削除方法を詳しく見ていきましょう。

削除する手順

データだけを端末内に残してアプリを削除するには、以下の手順で操作を行って下さい。

<操作手順>
「設定」を開いたら、「一般」をタップします。

「一般」をタップ

「iPhoneストレージ」をタップしましょう。

「iPhoneストレージ」をタップ

消したいアプリを選択して下さい。

消したいアプリを選択

アプリの詳細画面を開いたら、「Appを取り除く」をタップします。

「Appを取り除く」をタップ

これで、データだけを残してアプリを削除することができました。この方法で削除したアプリはApp Storeから再びインストールすれば、削除前と同じ状態でアプリを使うことができます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。