『かわいい』が生まれる場所。

【困った!】気が付いたら3Gになる?原因と対処方法を教えます

【困った!】気が付いたら3Gになる?原因と対処方法を教えます

3Gを利用する設定になっている

iPhoneでは、速度制限を回避するために通信量を抑えたい、海外旅行中の通信料の高額請求を防ぎたいという時に、本体の設定で3Gに切り替えることも可能です。

4Gの電波が届く場所にいるにも関わらず3Gになってしまう場合は、4Gを使用しない設定になっている可能性があります。

4Gを使用しない設定になっていると強制的に3Gになってしまうので、4Gのエリア内にいるのに3Gになってしまう場合は、「モバイルデータ通信」の設定を一度確認してみましょう。

端末に問題がある

4Gに対応しているエリア内にいて、かつ4Gの設定に問題がないのに3Gになる場合は、端末に何らかの問題があって正常に動作せず、4Gの電波をキャッチできていないのが原因として考えられます。

端末が正常に動作しないのは、iOSのバージョンが古い、長時間使用していて端末が熱を持っている、落下による衝撃などで基盤が故障しているなど原因は様々です。

また、長年同じ機種を使っていると電波をキャッチする能力も下がってきます。

5年以上同じ機種を使い続けている方は、これを機に新しい機種に交換するのもひとつの手段です。

通信障害が発生している

今までご紹介した原因に当てはまらない場合は、携帯キャリア側で通信障害が発生している可能性が高いです。

そのため、契約している携帯キャリアの公式ホームページを確認して通信障害が発生していないか確認してみましょう。

【iPhone】3Gになる!どうすれば直るの?(本体の設定)

本体の設定が原因で3Gになる場合は、以下の4つの対処法が有効です。

  • 4Gの設定をオンにする
  • 「モバイルデータ通信」のオン・オフを切り替える
  • 「機内モード」のオン・オフを切り替える
  • 端末を再起動する

では、以上の4つの対処法をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

4Gの設定をオンにする

4Gの設定がオフになっていると4Gの電波が届く場所にいても3Gになってしまうので、一度設定を確認してみて下さい。

確認方法は以下の通りです。

「設定」を開いたら、「モバイル通信」をタップします。

「モバイル通信」をタップ

「通信のオプション」をタップしましょう。

「通信のオプション」をタップ

「4Gをオンにする」をタップして下さい。

「4Gをオンにする」をタップ

「オフ」にチェックが入っていた場合は、「音声通話とデータ」または「データ通信のみ」にチェックを入れ直します。

「音声通話とデータ」または「データ通信のみ」にチェック

「モバイルデータ通信」のオン・オフを切り替える

「モバイルデータ通信」の設定を一旦オフにしてから再度オンにすることで通信状態がリセットされて4Gに戻る可能性があるので一度試してみましょう。

「設定」を開いたら、「モバイル通信」をタップします。

「モバイル通信」をタップ

「モバイルデータ通信」のトグルスイッチをタップして設定をオフにしましょう。

「モバイルデータ通信」をオフ

その状態で10秒ほど待ってから再度トグルスイッチをタップして、設定をオンに切り替えて下さい。

「モバイルデータ通信」をオン

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。