『かわいい』が生まれる場所。

【意外と簡単♪】iTunesで写真をバックアップする方法を紹介

【意外と簡単♪】iTunesで写真をバックアップする方法を紹介

iPhoneを使っていると、ついつい溜まってしまう「写真」データ。

「どれも大切な思い出だから捨てるのはもったいないな」と思っている方も多いのではないでしょうか。

しかしデバイス自体が壊れてしまったり紛失してしまうと、中のデータも一緒に消えてしまうケースがあります。

そのため、日頃からバックアップを取る癖を付けてもしもの事態に備えることはとても大切です。

そこで今回は「iPhoneの写真をiTunesでバックアップする方法」について解説していきます。

普段から写真をよく撮る方はぜひ参考にしてみてくださいね。

【iTunes】写真をバックアップする前に準備する物

まずは、「バックアップをするためには何が必要なのか」を解説していきます。

事前に準備して欲しいものは次の3つです。

  • iTunes
  • PC
  • Lightningケーブル

どれも必要なものばかりなので、必ず3つとも準備をしてから始めてくださいね!

iTunes

WindowsのPCを使用している方は、まずPCに「iTunes」をダウンロードしてから始めるようにしましょう。

Windows用のiTunesは、Appleの公式サイトからダウンロードできます。

またMacを使っている方はiTunesは必要ないので、その他の2つを準備するようにしてください!

POINT

  • WindowsのPCを使っている方はiTunesをダウンロードする

PC

PCも必要です。PCはWindow/Macどちらからでも対応可能なので、普段使っているPCで問題ありません。

ただし、PCに空き容量がしっかりとあるか確認するようにしましょう。

バックアップとは簡単に説明すると、iPhone内のデータをPCにコピーする作業になります。そのため、コピーできる分の容量がなければうまく実行されないので注意してくださいね。

POINT

  • 空き容量のあるPC(Windows/Mac)を用意する
  • 空き容量が少ない場合は、外付けHDDも準備しておこう!

Lightningケーブル

バックアップには、iPhoneとPCを繋ぐLightningケーブルも必要です。

Lightningケーブルと聞くとピンとこない方もいるかもしれませんが、「充電する際にデバイス本体にさすケーブル」のことです。

iTunesには「Wi-Fi同期機能」という、同じWi-Fiで接続していればワイヤレスで同期ができる便利な機能があります。しかし、バックアップの場合はデータ量が大きいため、必要以上に時間がかかったり途中で同期が切れ作業が止まったりすることがあり、あまりおすすめできません。

できればLightningケーブルを準備してください。

POINT

  • ワイヤレスではなく、「Lightningケーブル」を直結する方法がオススメ!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。