スマホで見つける、もっと可愛い私

原宿系ふたごTikToker・ユンノンにインタビュー!TikTokの裏側、ファッション、TV出演に関するあれこれを聞いてみました!

原宿系ふたごTikToker・ユンノンにインタビュー!TikTokの裏側、ファッション、TV出演に関するあれこれを聞いてみました!

みなさんこんにちは!APPTOPI編集部です!

今回は、TikTokで注目を浴びている可愛すぎる双子ちゃんにインタビューしてきました!

その名もユンノン

一卵性双生児であるユンさんとノンさんの二人で構成されるユンノンは、2020年8月からTikTokを始めたばかりにも関わらず、すでにフォロワー数が8万人に届きそうなほどの人気ぶり!

そんな二人に、TikTokをはじめたきっかけ運用方法だけでなく、ファッションへのこだわり憧れの人、さらにはあぃりDXさんから受けたTikTokプロデュースの裏側まで、色々とお話を聞いてみました♡

ユンノンのプロフィール

まずはユンノンの簡単なプロフィールから紹介!

ユンノンはユンさん(左)・ノンさん(右)による双子ユニット。

一卵性双生児で原宿系、という二つの武器を使った動画が注目され、TikTokを中心としたSNSで注目を浴びています。

カラフルで可愛いファッションも人気で、WEGO心斎橋店ではPR店員に抜擢。

さらにお笑い芸人・和牛がMCを務めていた「和牛のギュウギュウ学園」(制作:関西テレビ 現在は放送終了)にレギュラー出演していた経験もあるなど、あらゆる方面から注目されているユニットなんです!

今回はインタビューを通して、ユンノンの魅力の秘密に迫っていきます!

ユンノン プロフィール

  • 年齢:
    17歳
  • 職業:
    学生・アパレル店スタッフ
  • 好きな食べ物:
    ニンジン(ユン)/ホウレンソウ(ノン)
  • 嫌いな食べ物:
    カリフラワー
  • 趣味:
    ファッション・洋服探し
  • 尊敬している人:
    ぺこ(オクヒラテツコ)
  • SNS 等:
    【TikTok】@yyy___nnn
    【Instagram】@yunnon_twins
    【YouTube】ユンノンTWINS

すべての始まりとなった憧れの人

--- 本当にそっくりですね。やはり性格も似ているんですか?

ユン:基本は似てると思います。

ノン:所々が違う…?

--- どんなところが違うと思いますか?

ユンノン:そう言われると…(わからない)

--- あ、被った(笑)

ユンノン:(笑)

テーマカラーが決まったきっかけ

ト

--- お二人にはそれぞれテーマカラーがあると思うのですが、その色はいつから決まってるんですか?

ユン:3歳ぐらいのときにバレエを習ってて、お揃いの服を着てたら、先生に「(どっちがどっちか)わからなくなるから色を変えてほしい」って言われて。

ノン:その時にそれぞれシンデレラオーロラ姫(眠れる森の美女)が好きやったんですよ。で、水色とピンクにして…

ユン:それがずっと続いてるって感じですね。

--- そんなに前から決まっていたんですね!その時の先生もまさかそれがずっと続いていくなんて思ってなかったでしょうね(笑)

「ぺこちゃん」を見て原宿系に目覚める

ト

--- 今はいわゆる原宿系と言われるファッションをされていると思うんですけど、服の好みも小さいころから派手だったんですか?

ユン:中2、3くらいに今の系統になったんですけど、それまではこういう系統があるっていう概念がなくて。

ノン:それまでは服とかそんなに考えたことなかったです。でもTVではじめてぺこちゃんを見た時「これだ!」って思ったんですよ。

ユン:ぺこちゃんはすべてにおいて理想なんです。ファッションモデルだけじゃなくて、TVに出たり洋服のデザインをしたり。で、ぺこちゃんになりたいと思って、その時やっていたぺこちゃんのブランドPECO CLUB)のイベントに行ったんですよ。そこから本格的に原宿系に目覚めましたね。

ノン:そのときブランドの企画でPECO CLUBの服を着て写真を投稿したらプレゼントがあたるみたいなのがあって、それがきっかけでインスタも始めました。

ユン:それからぺこちゃんが持っているものを真似したりして、持ってる洋服とか部屋も全部原宿系に替えましたね。

--- そうだったんですね。ファッションといいSNSの開始といい、ぺこさんがきっかけで今のユンノンさんができたんですね!

憧れの人に近づくために

--- それじゃあ、最終的な目標はぺこさんのようになることなんでしょうか?

ユン:そうですね。いずれはぺこちゃんみたいにブランドも作りたいし、TVにもたくさん出たいなって思ってます。

ノン:色々なところで活躍できる人になりたいですね。そのために今はTikTokインスタを使って知名度を上げてるところです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。