『かわいい』が生まれる場所。

無料通話アプリ「LINE」を使いたくない理由とは?代わりの連絡ツールもご紹介!

無料通話アプリ「LINE」を使いたくない理由とは?代わりの連絡ツールもご紹介!

LINEには、メッセージのやりとり、画像送信、通話機能など様々な便利機能があり、今や日本人の7割は使っていると言われています。

一方で、メッセージのやり取りに疲れるという理由などでLINE離れをする方もいます。

LINE離れというと年齢を重ねた方がしているイメージがありますが、意外と若い方の間で起きている現象なんです。

LINEを使いたくない理由とは何でしょうか。また、実際にLINEを使っていない方が使っている連絡ツールなどについて解説します!ぜひ参考にして下さいね。

「LINEを使わない」と答える人はどういう人?

「LINEを使わない」と答える人はどういう人?1-1.png

今やLINEは日本の人口において約7割の方が使っていると言われており、人気を誇っている一面があります。そのため、LINEを使わない人というと非常に珍しいイメージがある方も多いのではないでしょうか。

確かに、裏を返せば約3割の方はLINEを使っていないという結果になるので、その印象は間違ってはないでしょう。

また、過去に使っていたけれど今はLINEから離れたという声もあるくらいです。LINEは便利な一方で、束縛されているように感じる方もいるようです。具体的な原因について見ていきましょう。

事情があってLINEを教えられない、もしくは教えたくない

人間関係に煩わされたくないという理由でLINEの連絡先を教えたくないというケースもあります。

連絡先の交換を拒否されてしまったら、嫌われているのでは?と不安になる方もいるかと思いますが、教えたくないというよりは、教えられない事情があるケースもあります。

本当にLINEを使っていない可能性も

後に詳しく触れますが、ガラケーなどを使用しており、端末の機能的にLINE
を使うことができないケースや、必要性を感じずLINEを使用していない方もいます。

したがって、本当はLINEを持っているけれど教えるのが嫌だからというわけではなく、使っていなくて本当に教えられない場合もあります。

LINEを本当に使いたくない・使わない理由とは?

ここからは、より詳しくLINEを使わない理由について掘り下げていきます。

LINEでのリアルタイムなやりとりに疲れた

LINEを本当に使いたくない・使わない理由とは?1-2.png

過去にLINEを使っていたけれど今は使っていない方の理由の1つとして、リアルタイムのやりとりに疲れたという声もあります。

まるで会話をするようにリアルタイムでメッセージのやり取りができ、便利である一方で、時には誤解を生むこともあります。

また、メッセージを読んだのに返信をしない、既読スルーをしているということが知られてしまうので、さらに人間関係をややこしくさせる一面があるのです。

LINEの既読サインがつかないことで人間関係において大きな影響を及ぼすことから、LINEではなく他の連絡ツールを使えば良いという結論に至り、LINEの使用をやめる方も増えてきています。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。