『かわいい』が生まれる場所。

パソコンなしでiPhoneのデータ移行を行う複数の方法をご紹介!

パソコンなしでiPhoneのデータ移行を行う複数の方法をご紹介!

機種変更後にまずやるべきことと言えば、古いiPhoneのデータを新しいiPhoneに移す作業ですよね。

その際、iTunesを利用してデータを移すのが一般的ですが、パソコンがなければiTunesを利用する方法は使えません。

ですが、実はパソコンを使わずに移行する方法は複数あります。

とはいっても、何を用意すれば良いのか、どうやって操作すれば良いのか分からない…という方も多いと思います。

そこで今回は、パソコンなしでiPhoneのデータ移行を行う方法をご紹介していきます!

パソコンなしでiPhoneのデータ移行はできる?

iPhoneのデータを新しいiPhoneに移行したい時、パソコンにiPhoneを接続してiTunes上でデータ移行を行うのが一般的です。

しかし、中には自宅にパソコンがないという方もいらっしゃると思います。

では、パソコンなしでもiPhoneのデータを移行することは可能なのでしょうか?

パソコンなしでデータ移行はできる!

実は、パソコンがなくてもiPhoneのデータを他の端末に移行することは可能です!

パソコンなしで移す方法は以下の3通りあります。

  • iCloudを使う方法
  • USBメモリを使う方法
  • クイックスタート機能を使う方法

後ほどそれぞれの方法について詳しく解説していくので、パソコンを持っていない方はぜひ参考にしてみて下さいね。

一部移行できないデータもあるので注意!

パソコンがなくても、iCloudやUSBメモリ、クイックスタート機能を使えばデータを移行することができます。

しかし、LINEなどの個別で設定が必要なアプリのデータやWalletアプリ内に追加されているカード情報など、一部移せないものもあるので注意が必要です。

例えばLINEの場合、新しいiPhoneにデータを引き継ぐためには、新しいiPhoneでデータ移行を行った後にLINEアプリをインストールし、アカウントにログインして初期設定を行う必要があります。

トーク履歴に限っては、古いiPhoneで事前にバックアップをとっておかないと復元できません。

一部移行できないデータもあるので注意!

なお、移行できないデータは移行方法によってそれぞれ異なるので、不安な方は事前にGoogleドライブやDropboxなどのクラウドストレージなどにバックアップをとっておくことをおすすめします。

パソコンなしでiPhoneのデータ移行を行う方法(iCloudを使う場合)

まずは、iCloudを使ってパソコンなしでデータ移行を行う方法をご紹介します。

iCloudとは?

「iCloud」とは、Appleが提供するクラウドサービスです。

このサービスを使うことで、iPhone・iPad・iPod Touch上に保存されている写真やビデオ、連絡先、Safariのブックマークなどの様々なデータや端末の設定をiCloudのサーバーに保存することができます。

iCloud上にデータを保存しておけば、iCloudのWebサイトでApple IDでサインインすることで、別の端末からでもデータをアクセスできるようになります。

また、端末の設定でiCloudにサインインしてバックアップをとっておけば、初期化した時や機種変更した時にiCloudバックアップからデータを復元することもできます。

iCloudを利用すればパソコンがなくても、Wi-Fi環境さえあればデータ移行が行えるので、パソコンを持っていないiPhoneユーザーにおすすめの移行方法です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。