『かわいい』が生まれる場所。

iCloudのメールが届かない?原因から対処方法まで教えます!

iCloudのメールが届かない?原因から対処方法まで教えます!

iCloudメールでメールが届かないというトラブルが発生したことはありませんか?

こういった不具合のせいで、大切なメールが届かずこちらからの返信メールも送信できなくなることがあります。

今回は、そんなiCloudのメールが届かないときの原因から対処法まで詳しくご紹介します!

iCloudにメールが届かない原因は?

iCloudメールが相手に届かない原因は、どのようなケースがあるのでしょうか?

ここではその原因と思われることを挙げていきます。

まず、iCloudメールとはなにかということからご紹介していきましょう。

【iCloudメール】とは?

iCloudのメールとは、Apple製品の端末(iPhone、iPad、Mac)で利用できる、アップル(Apple)が提供している無料のクラウドメースサービスです。

そして、Windows PCでもアカウント(Apple ID)をブラウザで経由で「icloud.com」に設定したり、Windowsのメールソフトにアカウント(Apple ID)を追加することでiCloudのメールを管理できます。

Apple IDを作っておいてから、iCloudアカウント登録、iCloudにサインインして、『〇〇〇@icloud.com』のメールアドレスが無料で作成できます。

無料の容量は5Gとやや少な目ですが、メールの受信がリアルタイム、迷惑メールにたいしてのエイリアス機能がある、などとても便利なメールのサービスです。

それでは、iCloudにメールが届かない原因についてですが、確認すべきポイントを下記にあげてみました。

メールが届かない原因

  • ネットワーク
  • アカウント
  • 設定
  • デバイス

では、iCloudにメールが届かない原因を紹介していきます。

ネット自体に問題がある

メールが届かない(受信/送信ができない)時に、はじめに確認してほしいのが皆さんのネット環境です。

メールの受信や送信はネットワークがないと機能しません。

なので、ネットワークが繋がっていないなどの不具合や問題があるケースでは、メールは届かない(受信/送信ができない)ケースがあります。

アカウントの設定に問題がある

続いて2つ目の原因は、アカウント(Apple ID)での設定に問題があるケースです。

iCloudメールで、メールアドレスを作る際に必要となる、iCloudのアカウントがApple IDです。

iCloudにサインインしている、自分のアカウント(Apple ID)を確認してみしょう。

iPhoneでは、一つのアカウント(Apple ID)でしかiCloudメールは使用できませんが、特にPCの場合、間違った(自分以外の)アカウントを設定している場合、宛先が違うので自分宛へ送られてくる電子メールが届かなくなります。

設定に問題がある

さんぷる1

使用するメールに設定(有効)がされていないと、iCloudメールの機能(送信/受信)は作動しません。

なので、iCloudアカウント(Apple ID)やメールアドレスをつくった後に、メーラーに設定(有効)をしておく必要があります。

使用するメールとしての設定を確認してみましょう。

また後でも詳しく説明しますが、「データの取得」方法や、「迷惑メール」の設定なども要確認項目です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。