『かわいい』が生まれる場所。

【今さら聞けないよね?】楽天ペイの使い方を優しく解説します!

【今さら聞けないよね?】楽天ペイの使い方を優しく解説します!

現金を持ち合わせていなくても、安心して決済することができるサービスといえば、キャッシュレス決済アプリです。スマホ機器を持っていれば基本的には誰でも気軽に使うことができます。

日本では数多くのキャッシュレス決済アプリが提供されているので、いざ利用開始を検討している中でどうしても迷いがちです。

今回は、楽天が提供している『楽天ペイ』について解説していきます。

これから利用を考えている方は、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

楽天ペイの使い方の前に!特徴を知ろう!

まずはアプリの特徴からご紹介します。

楽天ペイはキャッシュレス決済アプリなので、他のものと共通しているのはスマホを使って決済をするという点です。スマホを持ってレジに向かえば、お財布を持ち合わせていなくても買い物ができるのです。

また、キャッシュレスのアプリでは2タイプの利用方法があります。1つ目がQRコードを提示するタイプで、もう1つがスマホ機器自体をかざすという方法です。これはアプリの種類によって異なるので、事前に理解しておくとスムーズになります。

今回特集する『楽天ペイ』はQRコードを提示するタイプです。基本的にはスマホでインターネットに接続できている状態なら誰でも設定して使うことができます。

補足ですが、スマホをかざすタイプのアプリについては、全てのスマホ機器に対応しているわけではありません。かざすタイプは『おサイフケータイ』の機能があらかじめ搭載されている機器であることが求められます。

この点が大きな違いですので覚えておいてください。それでは話を戻して特徴となるポイントを2つピックアップしていきます。

楽天会員なら誰でも使える

1つ目の特徴は、楽天の会員であれば誰でも簡単に利用を始めることができる点です。

楽天でアカウントを既に持っている方は、新しく会員登録をする必要がないということを意味します。つまり、面倒なアカウント作成作業が不要です。

楽天で普段からショッピングをしている方は少なくありません。

楽天ペイでは、利用を開始する際に楽天の会員である必要があります。そのため、今まで1度も利用したことがない方は楽天で共通して使える会員としてアカウントを登録することになります。

支払い金額に応じて楽天ポイントが貯まる

2つ目の特徴は、ポイントを貯めることができることです。キャッシュレス決済アプリを一度でも使ったことがある方であればわかりますが、この点が重要です。

決済をするたびにポイントが加算されていきます。楽天ペイでは『楽天ポイント』として貯められます。会員資格の状況によってポイントの還元率が異なりますが、利用すればするほどお得です。

溜まったポイントはそのまま使うこともでき、楽天の関連サービスで利用することもできます。

現金で支払いをすると、特になにもキャッシュバックなどはありません。1回の還元が少なくても、重ねて利用していけば大きな差が生まれます。せっかくであればお得なポイントをゲットしたいですよね。

日本各地で対応している店舗は多いので、この点も安心して利用することができます。

楽天ペイの使い方《初期設定をするまで》

ここまで、楽天ペイの特徴について紹介しました。ここからは初期設定についての説明に入ります。

スタートする際に必要になる作業は大きく分けて3つあります。アプリの用意と、支払い元の設定2種類です。それぞれ説明していきますので、順番に準備を進めていきましょう。

アプリをダウンロード

初期設定をする前に、まずアプリをダウンロードしましょう。

アプリは無料なので安心して進めてください。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。