『かわいい』が生まれる場所。

【今さら聞けないよね?】楽天ペイの使い方を優しく解説します!

【今さら聞けないよね?】楽天ペイの使い方を優しく解説します!

支払いをする・受け取る

次に、楽天Edyで支払い・受け取りをする方法について説明します。

楽天ペイのアプリで『電子マネー』のタブからEdy残高を表示させた状態で、店舗で用意されている読み取り機器にかざすことで支払うことが可能です。

かざす部分はスマホ機器によって場所が異なるので、不安な方は事前に取扱説明書をチェックしておくことをおすすめします。

受け取りのやり方ですが、コンビニの機器(ファミポートなど)やパソコン(リーダー必須)から行えます。一番無難な受け取りはコンビニです。『楽天Edy』のメニューが用意されているので、選択後スマホをかざして処理をおこなってください。

注意!機種変更をするときは前もって預ける必要がある

ここで注意点があります。

もし今後機種変更をする予定がある場合は、事前に残高を預けておく必要があります。ログインしたとしても今までのEdyを使用することができないので、引き継ぎ作業を行うことになります。

楽天ペイアプリの設定から機種変更手続きが可能です。

楽天Edy機種変更手続き

楽天ペイの使い方《Suica》

ここからは、もう1つの使い方として『Suica』の機能を見ていきましょう。楽天Edyを持っていなくても同じように決済に使用できます。

モバイルSuicaと連携させる

Suicaを頻繁に使う方は、モバイルSuicaと連携させる必要があります。右上のSuicaのペンギンアイコンをタップして連携させましょう。

『モバイルSuicaを連携する』をタップして進めましょう。モバイルSuicaを使ったことが無い場合でもそのまま新規登録ができます。

楽天ペイにSuica紐づけ

Suicaを紐づけておくことで、交通費を簡単に支払えるようになります。普段の買い物に併せて使用できるので、さまざまな用途に楽天ペイのアプリが使えて便利ですよね。

チャージする

楽天ペイとSuicaを連携させたら、あとはチャージするだけです。右上のペンギンをタップすることでSuicaの画面に切り替わります。この部分に表示されている『チャージ』から可能です。

支払いをする

次に支払いの際にモバイルSuicaを使う方法です。この場合は、レジで『Suicaを利用する』旨を伝えてください。かざす機器があるので、そこにスマホ機器をかざせば完了です。
 

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。