『かわいい』が生まれる場所。

眉毛を全剃りしたらバズった!?人気インフルエンサー・川端美由さんにインタビュー!SNSへのこだわりやファッションに関するアレコレまで色々聞いちゃいました♪

眉毛を全剃りしたらバズった!?人気インフルエンサー・川端美由さんにインタビュー!SNSへのこだわりやファッションに関するアレコレまで色々聞いちゃいました♪

チャイニーズな雰囲気になったいきさつ

--- 今のメイクが確立したのって、いつごろなんですか?

川端:確立はまだしてないかもです。いつも「これ以上は変わらない、進化しない」って思うんですけど、毎月見比べてみるとなんか違うんですよね(笑) 前髪めっちゃ短なってない?とか。

--- そうなんですね!現在チャイニーズな雰囲気がベースとなっている気がするのですが、それはいつからなんですか?

川端:中国っぽいテイストが好きになったのは、高校3年生の冬ぐらいですかね。美由、ちょうどその時くらいに旅行でベトナムに行かしてもらって、そこで人の目を気にせずに自分のしたいことをする人たちを見たんです。その姿に影響を受けて、自分の好きなものをもっと取り入れたいと思ったんですよね。

背景の緑の布は、洋服づくりの過程で発見

--- いつも背景にされている緑色の布、とっても綺麗だなと思うんですけど、それはどこで手に入れたんですか?

川端:去年の夏ぐらいに服作りたい時があって、その時にこの布も見つけました。

--- お洋服とかも作られるんですね。お洋服の学校に行かれてたんですか?

川端:いや、全然!作ったことなかったんですけど、行けるかなと思って。型紙とかもわからへんから、布を机の上に敷いて、そこにへばりついてサイズを採ったりしましたね(笑)

ト

--- (爆笑)

川端:型紙わかんないし作る時間ももったいないし、これで行っちゃおーと思って(笑) 他にもメジャーがなかったんでイヤホンで測ったりとか。ミシンもほとんど触ったことなかったんですけど、気に入るものが出来たので、たまに着てますね!

--- それはすごい!きっと洋服づくりの才能もおありなんですね!

ファッションについて

--- コーデを紹介する動画を見ていても思うんですけど、本当にお洒落ですよね。雑誌とかでお勉強されたりしたんですか?

川端:いや、特に雑誌とかは読まないです。服屋さん見て美由に似合うものとか、いいなあって思ったものを買ってるだけなんですよね。

--- インスタでファッション系のアカウントを参考にしたりは?

川端:それもないんですよね。自分の直感を信じて、イイと思うものだけを取り入れてます。

洋服にはあまりお金をかけない!高見えさせるコツは?

--- ファッションには結構お金をかけられるんですか?

川端:それがあんまり使わないんですよ(笑) ブランド物とかもそんな買わないんで。商品紹介するときも、美由を見てくださってる年代の方のことを考えると、プチプラの方が紹介しやすいんですよね。だからH&Mとか、G.UZARAとかで買うことが多いです。今日着てるのもH&Mですし。

--- そうなんですか!?そうは見えないです!プチプラアイテムを高見えさせるコツってあったりするんですか?

川端:サイズ感が大事やなと思いますね。ちゃっちく見える服でも、あえて大きいサイズにして着ると雰囲気が出たり。服の形と自分の体形によってベストなサイズがあると思うんで、サイズはめっちゃ見るようにしてますね。だからネットショッピングはあまり使わないです。実際に着てみないとサイズ感ってわからないんで。

--- なるほど。直接見て決める、というのがこだわりのポイントのひとつなんですね。

天真爛漫な性格の秘密は?

--- 美由さんは人と話すのが好きとおっしゃっていましたが、小さいころからそうなんですか?

川端:友達とはよく喋るんですけど、けっこう人見知りではありました。SNSで発信するほど、お喋りが得意というわけではなかったです。でも高校生になってから、好きなアーティストさんのライブを観るために、色々な所に行くようになったんですよ。初めての土地って、道聞いたりとか色々話さないといけないじゃないですか。そういうことを繰り返していくうちに、色んな人と喋れるようになりましたね。

ト

--- そうなんですね。それが更に明るい性格になるきっかけになったんですね。

川端:あと、そのアーティストのファンの方達がだんだんと美由のことも覚えてくれるようになったんですよ。当時はインスタをやっていたんですけど、わたしのことを見つけてフォローしてくれたりとか。

--- ファンの間で注目される存在になっていたんですね。

川端:そうですね、ありがたいことに。DMとかで「美由ちゃん行くんですかー?」とか聞いてきてくれたり、ライブで会ったら「写真撮ってください!」って言われたり。それはやっぱりうれしかったですね。

--- 人に見られることの楽しさや、気持ちよさに気付いたんですね。

川端:そうですね!その体験が、今の活動に繋がっているのかなとも思いますね。

今後について

--- それでは今後についてお聞きしたいと思います!まずYouTubeに関してですが、登録者数の目標はありますか?

川端:やっぱり10万人はいきたいですね!夏までに行けたら嬉しいけど…。年内には絶対に行きたいですね!

--- そのために新しい企画などは考えてらっしゃるんですか?

川端:投稿頻度は、これから上げさしてもらおうかなって思ってますね!

ト

--- 楽しみにしています!将来の夢はありますか?

川端:高校の時から「美由はビッグになる!」って言ってるんですけど(笑) 関西コレクションとかTGC東京ガールズコレクション)とか、ランウェイを歩かしてもらうことは目標ですね。TVもめっちゃ好きなんで、いつか出さしてもらったらうれしいです!

--- 事務所への所属などは考えないんですか?

川端:ありがたいことに声をかけてもらってる事務所さんもあるんですけど、今は自分の力で行けるとこまで行きたいっていう気持ちがあります。だから、今はフリー?っていうのかな。それで活動さしてもらいたいと思ってますね。

発信をしていて、うれしいと感じる時

--- 最後に、YouTubeやTikTokで発信をしていて、うれしいなと感じる瞬間ってありますか?

川端:美由の動画を見てくれた方が「元気貰えました」とか、色々あって学校に行けなくったのに「明日は行ってみる」とか、「人の目を気にせず、個性を出そうと思えるようになった」とか、いろいろ話して下さるんですよ。それはめっちゃうれしいですね。

--- 美由さんの存在が、色々な人が変わるきっかけになっているんですね。

川端:ほんまにうれしいし、ありがたいです。だから、もっと頑張らなと思いますね!

インタビューを終えてインタビューの前に動画を拝見したときから、度肝を抜かれていました。モード系のメイクやファッションに身を包んだ女の子が、大きな声で笑い、関西弁で喋りまくる。美しいのに、面白い。そのギャップ溢れる映像に私は「エンタメ」の常識を覆された感覚すらありました。画面の向こうでクルクルと表情を変える彼女はとても自由で、愛らしかったです。今後は学校で美術を学んでいた経験を活かして、自身で描いた絵も発信していきたいとのこと。常に新しい表現の形を模索する彼女のこれからに、ますます目が離せません!
他のインタビュー記事はコチラ

インタビュー:杉浦 雨

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。