『かわいい』が生まれる場所。

iTunesアンインストール!Mac・Windowsの操作手順も解説!

iTunesアンインストール!Mac・Windowsの操作手順も解説!

iPhoneユーザーであれば、iTunesを使ったことがある人も多いのではないでしょうか。

iTunesを使えば、音楽を聴いたりiPhone本体に入っているデータをiTunes内に保存することができます。

今回は、iTunesのアンインストール方法について解説していきます!

Contents[OPEN]

iTunesをアンインストールする理由

基本的にiTunesをアンインストールする場面はないでしょう。

特に、iPhoneをずっと使っている人であれば、便利な機能なので使わなくなることがないからです。

では、どのような時にiTunesを消す必要があるのでしょうか?

iTunesが不要になった

iPhoneを使っているのであれば、iTunesが不要になることはあまりないかと思います。

しかし、PCの容量を空けるために仕方なくiTunesを削除する場合や、iPhoneをやめたときなどに要らないと判断することはあるでしょう。

iTunesはiPhone利用者にはとても便利なものですが、Android端末ではiTunesを使うことができません。

そのため、iPhoneからAndroidに機種変更すると、必然的にiTunesも使う機会がなくなります。

Androidでも、GooglePlayからApple MusicをインストールするとiTunes内の音楽を聴くことが可能です。

しかし、音楽機能を使うことはできますが、本体データの保存や復元はできません。

iTunesの不具合

iTunesをアンインストールをする理由としてあげられるもう一つの理由は、iTunesの不具合でしょう。

iTunesだけでなく、ソフトやアプリの不具合をなおす方法として再インストールを試してみるやり方があります。

iPhoneやスマホ(Android端末)ではiTunesも簡単に再インストールが可能です。

しかし、PCではiPhoneやスマホと違い、簡単に消すことができません。

そのため、今回はPCで削除するときの注意点や操作方法についてお話ししていきますね。

iTunesをアンインストールするとデータは消える?

まずは、iTunesを削除するときのギモンであるデータについてご紹介していきます。

どのような操作をするときでも、データを扱う際は注意が必要です。

iTunesを再インストールするために一時的に消したいだけの人であれば、今までの情報はそのまま残しておきたいですよね。

では、早速保存しているデータがどのようになるのか見ていきましょう。

購入データはApple IDと紐づいて残っている

iTunesでは、音楽を購入することができましたよね。

購入した音楽はiTunesに登録しているApple IDと繋がっているため、消えることなく残っています。

今使っているiPhone内のiTunesをから買ったものが残っていることを確認でき、もう一度iTunesを戻したときに使っていたApple IDでログインすると自動で戻ってきていますよ。

iTunesの削除は、ソフトを消すだけでアカウント本体を削除するわけではないので、データはそのまま維持されるのです。

不具合の改善が目的でiTunesの再インストールを試してみる人であれば、データを消すことが目的ではないと思うので、Apple IDだけは忘れないようにしておいてくださいね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。