『かわいい』が生まれる場所。

iTunesアンインストール!Mac・Windowsの操作手順も解説!

iTunesアンインストール!Mac・Windowsの操作手順も解説!

Contents[OPEN]

コントロールパネルからiTunesを修復する

Windowsは、先ほどもお話ししたようにiTunesと相性が良くありません。

PCに入っているソフトとiTunesが噛み合わずに不具合が出ていることもあります。

WindowsでiTunesインストール中にエラーが出たときは、コントロールパネルの中に「修復」することが可能です。

エラーコードなどが出た場合は「変更」を押してみましょう。

修復してもダウンロードできないときは、自分のPCにあっているバージョンなのかを確認して、ダウンロード操作をはじめからやり直していきましょう。

Microsoft Storeでインストールした場合はMicrosoftへ問い合わせ

何度同じことをしても、iTunesをインストールすることができなくなってしまったときは、問い合わせをするようになります。

問い合わせ先は、使っているWindowsのバージョンによって変わるので気を付けましょう。

Windows 10を使っている人であればMicrosoftへ問い合わせをしましょう。

Apple公式サイトからダウンロードした場合はAppleへ問い合わせ

Windows 7/8とMacPCを使っている人であれば、iTunesのダウンロードをApple公式サイトから行います。

そのため、問い合わせ先はAppleになるのです。

お問い合わせの専用ページに飛ぶので、電話もしくはサイト上で解決方法を探す方法を選べます。

電話問い合わせはどこからかけるかによって、番号が違うので注意してくださいね。

日本国内からかける場合 0120-277-535
海外からかける場合 (81) 3-6365-4705

出典:Apple公式サイト

サイト上で解決法をまず探したい場合は、「Apple サポートがお手伝いいたします」と書いてある項目の「ほかの製品やサービスを見る」を押すと、iTunesのアイコンが出てきます。

そこのアイコンをクリックして症状に合わせて質問を進んでいくと、解決方法を見ることができますよ。

iTunesを完全にアンインストール(削除)する方法とは?

ここまで、再インストールすることを考え、データは消えない方法をご紹介してきました。

最後にiTunesを使わなくなり、完全に削除する方法についてご紹介していきますね。

ソフトだけでなくデータもすべて消えることになるので注意してくださいね。

完全に削除するという意味

先ほども少しお話ししましたが、完全に削除するということは、保存しているデータも消えてしまうということです。

iTunesが不要になり、データが消えてもOKなのであればこの方法で完全に消してしまっても大丈夫ですが、今後まだiTunesを使う予定があるのなら、削除してしまわないように気を付けましょう。

また、これからお話しする操作をしてしまうと、データが消えて戻すことができません。

それを理解してから操作をはじめてくださいね。

【Mac】「APP Cleaner」を使う

MacPCでも、「APP Cleaner」を使うことで完全に削除することができます。

APP Cleanerは公式サイトからダウンロードすることが可能です。

少し下にスクロールすると、ダウンロードできる3つのバージョンが出てきます。

APP Cleanerバージョン

自分が使っているPCのバージョンに合わせてダウンロードするようになります。

ソフトを入れることができたらAPP Cleanerのウィンドウを開き、削除したいiTunesをドラッグ&ドロップして実行すれば、完全に削除されますよ。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。