スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone 11】スクリーンショットの撮影方法は4種類!お好みはどれ?

【iPhone 11】スクリーンショットの撮影方法は4種類!お好みはどれ?

Contents[OPEN]

【iPhone 11】スクリーンショットした画像に書き込みする方法は?

スクリーンショットで撮った画像に文字やイラストを書き込めるのを知っていますか?

iPhoneに内蔵されているマークアップ機能を使うことで、撮影したスクリーンショットに
自由に書き込みができるのです。

それではスクリーンショットで撮った画像に書き込みをする方法を「撮影後のサムネイルから書き込む方法」「写真アプリから書き込む方法」の2つを紹介します。

撮影直後のサムネイルから書き込む

スクリーンショットした画像に書き込みする方法1つ目、「撮影後のサムネイルから書き込む方法」をご紹介します。

スクリーンショットを撮った後には、画面左下にサムネイルが表示されることは前の項目でもご説明しました。

iPhone11スクリーンショット方法

実はこのサムネイルをタップすると、すぐにマークアップ機能が立ち上がり、そのままスクリーンショットに書き込めるのです。

サムネイルから直接マークアップにアクセスできるこの機能を使えば、わざわざ写真アプリを立ち上げる手間を省けるだけでなく、忘れる前にメモできるのが便利ですね。

写真アプリから書き込む

スクリーンショットした画像に書き込みする方法2つ目、「写真アプリから書き込む方法」をご紹介します。

この方法は写真アプリから編集したい写真を選択して書き込む方法になります。

iPhone11スクリーンショット方法

①『写真アプリ』を起動します。

iPhone11スクリーンショット方法

②フォルダから編集したい写真を選択します。

iPhone11スクリーンショット方法

③画面右上の『編集』をタップして編集画面に切り替えます。

iPhone11スクリーンショット方法

iPhone11スクリーンショット方法

④編集画面右上の『•••』ボタンをタップして、『マークアップ』を選択します。

iPhone11スクリーンショット方法

この方法は、とりあえずまとめてスクリーンショットをとってから一気にマークアップで編集したいという場合に便利です。

iPhone 11でお好みのスクリーンショットの撮り方で快適に操作しよう

iPhone内の画面を撮影することで、メモや情報の共有に役に立つスクリーンショット。

iPhone 11では「電源ボタン+音量ボタンの同時押し」「AssistiveTouchを使う方法」「背面タップ」「Xcodeでパソコンから撮る方法」などスクリーンショットの撮り方が全部で4つありました。
「電源ボタン+音量ボタンの同時押し」はiPhoneX以降ホームボタンが廃止されたことで新たに変更したスクリーンショットの撮影方法でした。

また「背面タップ」はiPhone8以降のiOS14をダウンロードした機種のみが使える機能で、画面に触れることなく片手で撮影できるという画期的な機能ですね。

「AssistiveTouchを使う方法」は画面上に表示するボタンを操作することで撮影できる機能でした。このボタンはスクリーンショットには映らないので安心して使えますね。

「Xcodeでパソコンから撮る方法」はスマホを片手で操作しながらパソコンを使ってスクリーンショットが撮れるので、比較的サクサクと撮影できそうですね。

スマホでは映らない物も撮影できるのも便利ですね。

これらの撮影方法の中には、あらかじめ機能を設定しておく必要がありますのでこの記事を参考に設定してみてくださいね。

またスクリーンショットのシャッター音についても「サイレントモードにする」「音量ボタンで調整する」など2つの方法で、シャッター音を消せます。

そして撮影したスクリーンショットはiPhoneに内蔵されているマークアップ機能を使うことで、テキストや図形を自由に追加できることもご紹介しました。

スクリーンショットの撮影方法をお好みの物に設定すれば、今よりも快適にiPhoneを使いこなせますよ。

以上、iPhone 11でスクリーンショットを撮る方法を4種類ご紹介しました。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。