スマホで見つける、もっと可愛い私

【Safari】「問題が繰り返し起きました」のエラーへの対処法

【Safari】「問題が繰り返し起きました」のエラーへの対処法

「JavaScript」をオフにする

「JavaScript」をオフにする

エラーが起きてWebサイトが閲覧できない時は、「JavaScript」の設定をオフにしてから再度アクセスしてみて下さい。

操作手順

  1. 「設定」アプリを起動。
  2. 「Safari」をタップ。
  3. 「詳細」をタップ。
  4. 「JavaScript」がオンになっていた場合は、スイッチをタップして設定をオフに切り替える。

これで設定完了です。

ただ、「JavaScript」をオフにすることで、正常にページが表示されなくなるWebサイトは結構あるのでその点は注意して下さい。

【Safari】「問題が繰り返し起きました」への対処法《データの削除》

「問題が繰り返し起きました」と表示される場合は、Safariの閲覧履歴やCookieなどのデータを削除することで、エラーが解消される可能性が高いです。

「履歴とデータを消去」を行う

「履歴とデータを消去」を行う

Safariを使用していると、閲覧履歴やCookie、キャッシュなどのデータがどんどん溜まっていきます。

これらのデータはSafariで快適にネットサーフィンするために役立つものですが、定期的に削除しないとiPhoneのストレージ容量を圧迫してしまい、それが原因でiPhoneが正常に動作しなくなることがあるのです。

そのため、「問題が繰り返し起きました」と表示された場合は、一度「履歴とデータを消去」を実行してSafariのデータを削除してみましょう。

操作手順

  1. 「設定」アプリを起動。
  2. 「Safari」をタップ。
  3. 「履歴とWebサイトデータを消去」をタップ。
  4. 確認画面が表示されたら、「履歴とデータを消去」をタップ。

これで削除完了です。

これを実行してもSafariのブックマークやリーディングリストは削除されることはないので安心して下さいね。

なお、以下の手順で削除することも可能です。

「履歴とデータを消去」を行う

操作手順

  1. 「Safari」アプリを起動。
  2. 画面右下の本のアイコンをタップ。
  3. 時計のアイコンをタップ。
  4. 画面右下の「消去」をタップ。
  5. 「すべて」を選択。

Webサイトデータのみを削除する方法

Webサイトデータのみを削除する方法

閲覧履歴は削除せず、Cookieやキャッシュのみ削除したい場合は、以下の手順で操作を行って下さい。

操作手順

  1. 「設定」アプリを起動。
  2. 「Safari」をタップ。
  3. 「詳細」をタップ。
  4. 「Webサイトデータ」をタップ。
  5. 「全Webサイトデータを削除」をタップ。

これで削除完了です。

【Safari】「問題が繰り返し起きました」以外のエラーが起きたら

Safariを使っていると、「問題が繰り返し起きました」以外のエラーメッセージが表示されたり、強制終了するなどの不具合が生じたりすることもあります。

ここでは、Safariでエラーが起きた時の対処法をケース別にご紹介していきます。

Safariの画面が真っ白になる

Safariでネットサーフィンをしている時、画面が突然真っ白になってWebサイトが閲覧できなくなってしまうことがあります。

これはiOSの不具合が原因で、今のところ根本的な対処法は見つかっていないようです。

ですが、以下の対処法を試すことで一時的に不具合が解消される可能性があります。

  • Safariを再起動する
  • iPhoneを再起動する
  • 「履歴とデータを消去」を行う
  • リーダー表示で読み込む(iOS 13以降のiPhoneのみ)

リーダー表示で読み込むには、以下の手順で操作を行って下さい。

操作手順

  1. アドレスバーの左横にある「AA」アイコンをタップ。
  2. メニューが表示されたら、「リーダーを表示」を選択。

「画面が真っ白になるたびにこの対処法を試すのが面倒…」という方は、SafariではなくChromeやFirefoxなど別のブラウザに切り替えてしまうのもひとつの方法です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。