『かわいい』が生まれる場所。

【完全保存版】iPhoneステータスバーの種類と意味を教えます!

【完全保存版】iPhoneステータスバーの種類と意味を教えます!

iOS14からiPhoneのステータスバーが変更されたことをご存じですか?

これまでになかったマークがあったり、表示方法も異なっています。

今回の記事では、ステータスバーの種類と意味についてご紹介していきます。

iPhoneユーザーの方は必見ですよ!

【iPhone】ステータスバーとは?

「ステータスバー」と聞いても、パッと何のことか思い浮かばなかった方もいるでしょう。

まずは、ステータスバーとはどこのことを指しているのかについてご紹介します。

iPhoneのライトユーザーにもわかりやすいように解説していくので、参考にしてくださいね。

画面の上部のバッテリーアイコンなどがある部分のこと

ステータスバーとは、画面の上部にあるバッテリーや時間などが表示されている部分のことを指します。

基本的には「時間・バッテリー・アンテナ・通信の種類」が表示されており、自分が設定しているものによって、追加で「位置情報サービスやおやすみモード」などのモードが表示されるようになっています。

位置情報サービスなどの常に設定してあるものは、常時ステータスバーにもマークが表示されますが、通話や録画などのずっと起動しているわけではないものは、そのときだけマークが表示されるものもありますよ。

iPhone 8以前とiPhone X以降では表示が多少違っている

ステータスバーに表示されるマークは、端末によっての違いはほとんどありませんが、1つだけ違う箇所があります。

特定の操作をしているときにステータスバーの色が変化するのですが、iPhone 8以前はバー全体の色が変わるのに対して、iPhone X以降は時刻の背後の吹き出しのみ色が変化します。

表示方法が少し違うだけで、表示される色の意味は同じになります。

ステータスバーとコントロールセンターとは違うので注意!

ステータスバーに似た「コントロールセンター」というものがあります。

画面をスライドするとWi-FiやBluetoothなどのマークが表示され、設定のオン/オフの切り替えが簡単にできるページが「コントロールセンター」です。

バーと同じようなマークが表示されていますが、ページの名前が違うので覚えておきましょう。

主に以下のようなマークが表示されているので、画像の番号を確認しながらチェックしてみてください。

コントロールセンター

画像の番号 意味
1 機内モード
2 モバイルデータ通信
3 Wi-Fi
4 Bluetooth
5 画面の向きがロックされている
6 おやすみモード
7 画面の明るさ調整
8 音量調整
9 ライト
10 電卓
11 カメラ
12 アラーム
13 画面録画
14 NFCタグリーダー

画面下部の「ライト」や「電卓」は、好きな機能に変更することが可能ですよ。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。