『かわいい』が生まれる場所。

【YouTube】アーカイブが2時間しか見れないときの原因&対処法

【YouTube】アーカイブが2時間しか見れないときの原因&対処法

「YouTubeのアーカイブが2時間しか見られなくなってしまった」という経験はありませんか?

「もしかしてエラーなのかな」と焦ってしまいますよね。

今回は、YouTubeのアーカイブが見られない原因と対処法を紹介します。

まずは原因から理解し、一緒に解決していきましょう。

【YouTube】アーカイブが2時間しか見られない!原因は?

YouTubeのアーカイブが2時間しか見られない原因は、いったい何なのでしょうか。

ここでは、以下の内容について説明します。

  • 原因はYouTube側の「エンコード」
  • 配信が2時間以上の場合ラストの2時間までが先に公開される
  • 公開されるまでに3~4日かかることも

それでは、詳しく見ていきましょう。

原因はYouTube側の「エンコード」

エンコードとは、データの形式を別の形式へ変換することです

生放送のようにデータ容量が大きいものは圧縮して容量を減らす必要があるので、YouTubeのサーバー側ではエンコード作業を行っています。

配信が2時間以上の場合ラストの2時間までが先に公開される

生放送の動画はYouTubeのサーバー側でエンコード作業が行われているはずなのに、なぜ最初の2時間だけすぐに見られるのかと不思議に思いますよね。

実は、YouTubeの仕様上、放送終了時点で2時間の動画のエンコードは終わっています。

そのため、最初の2時間だけはすぐに視聴できるようになっています。

2時間を超える動画に関しては、エンコード作業に時間がかかってしまうので終わるまで待たなければいけません。

公開されるまでに3~4日かかることも

動画のエンコード作業は、生放送の主が設定した動画の画質やアップロードするときの通信環境によって左右されます。

画質の高い動画を設定していたり、アップロードに時間がかかっていると、時間がかかってしまいます。

YouTubeのサーバーに負担がかかっている場合は、3~4日かかる場合もあります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。