スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】簡易アクセスの使い方を機種別に解説!片手操作が簡単に

【iPhone】簡易アクセスの使い方を機種別に解説!片手操作が簡単に

片手でスマホを操作する人が多いため、今でも手のひらサイズのスマホは人気があります。

そうしたユーザーのニーズを考えて、iPhoneには片手で楽にスマホを操作するためのある特殊機能が搭載されています。

「簡易アクセス」機能と呼ばれるものです。

この記事では、「簡易アクセス」機能の設定方法や使い方を詳しく説明します。

【iPhone】簡易アクセス機能とは?

iPhoneには、スマホを片手で操作したいというユーザーのニーズを満たすために「簡易アクセス」機能を搭載しています。

「簡易アクセス」機能とは何でしょうか。

画面の上部が下にスライドするので片手操作が簡単に!

「簡易アクセス」機能とは、スマホの全体を使って操作しなくてもいいように、画面の上半分が下にスライドする機能のことです。

片手で届く範囲は限られるため、画面全体を操作する場合にはスマホを手でずらすか、もう片方の手を使わなければなりません。

でも、「簡易アクセス」機能を使えば操作画面の上半分がスマホを持っている手の親指で届く範囲になるので、楽に片手で操作できるようになります。

Safariでウェブページの先頭に戻りやすくなる

スマホを片手で操作していて面倒だと感じるのは、開いているWebページを親指で上にスワイプしながら読み進み、もう一度最初から読み返そうと思ったら親指で何回もスワイプしなければならないことです。

でも「簡易アクセス」で表示されているWebページの場合、URLの上の部分を二度指で軽くタップしてやればWebページの先頭に戻ってくれるので、親指が疲れるほどスワイプする必要はなくなります。

簡易アクセス

通知センターの呼び出しに便利

「簡易アクセス」機能のもう1つの便利な点は、SNSやメールなどの通知を一括して確認できる通知センターを簡単に表示できることです。

「簡易アクセス」で表示した画面の上部に「V」のアイコンが表示されているので、それを指で軽く押さえ下に向かってスワイプすると通知センターが表示されます。親指が届く距離に「V」があるので、片手で操作できます。

簡易アクセス

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。