スマホで見つける、もっと可愛い私

Google Playで「返金してもらえる・してもらえない」の違いは?

Google Playで「返金してもらえる・してもらえない」の違いは?

Contents[OPEN]

【Google Play】アプリ購入・課金の返金されるまでの期間は?

ここからは、実際に返金の申請を行った場合の返金までの期間について解説します。

大体いつごろお金が戻るのかを知っておくことで安心して待つことができますよね。

不明なままだと、適切に申請ができているのか気になってしまいます。

支払い方法で期間が変わる

返金期間は、支払った方法によって変わるとされています。

電子マネーやキャリア決済、クレジットカードやデビットカードなど、Google Playでは利用できる支払い手段がいくつもあるので、それぞれケースバイケースということです。

自分が使った支払い方法を確認し、返金はどの程度の日数がかかるか会社のホームページなどで調べておきましょう。

支払い方法と返金までの期間を比較

気になる返金のタイミングについて、より詳しく見ていきましょう。

支払い方法と、払い戻しにかかる日数をそれぞれ一覧にまとめました。

自分が普段から購入に利用している支払い方法をチェックしてください。

営業日でのカウントなので、休日を挟む場合には、期間が長くなることがあります。

Google Play返金 払い戻し期間(営業日)
クレジット(デビット)カード 3~5日
Edy 1~5日
キャリア決済(前払いタイプ) 1~30日
キャリア決済(後払いタイプ) 1~2 か月(明細にて反映)
Google Pay 1日
PayPal 3~5日
GCash 1~5日

日本で使うことが比較的多い支払い方法をまとめましたが、海外で使用する場合には手段のラインナップが異なります。

また、他の支払い方法も詳しくチェックしたいという方は、公式ページの一覧から確認することが可能です。

Google Playでは48時間以内に申請すれば大丈夫!

今回は、Google Playストアでアプリの返金される場合、されない場合の違いについて解説してきました。

大きな違いは「正当な理由」があり、「48時間以内」であるかどうかです。

これを満たしていれば返金してもらえる可能性が高いので、是非返金申請をしてみましょう。

1回目のダウンロードから2時間以内であれば申請なしで返金されるので、できるだけ早い対処をおすすめします。

操作ミスや意図しないアプリの課金が発生したときはこのような救済措置が用意されているので、安心して申請を行ってくださいね!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。