スマホで見つける、もっと可愛い私

【Google ドライブ】「アクセスが拒否されました」への対処法

【Google ドライブ】「アクセスが拒否されました」への対処法

Contents[OPEN]

別のアカウントでログインをしてみる

再ログインしてもアクセスが拒否される場合は、別のアカウントでログインしてアクセスできるか試してみて下さい。

スマホの場合

  1. 「Google ドライブ」アプリを起動。
  2. 画面左下の「ログイン」をタップ。
  3. Google アカウントのメールアドレス、または電話番号を入力したら、「次へ」をタップ。
  4. パスワードを入力したら、「次へ」をタップ。
PCの場合

  1. ブラウザを開いたら、Google ドライブにアクセス。
  2. 画面右上の「ドライブに移動」をクリック。
  3. Google アカウントのメールアドレス、または電話番号を入力したら、「次へ」をクリック。
  4. パスワードを入力したら、「次へ」をクリック。

共有ユーザーが多すぎる場合は時間を置く

「最近このファイルを閲覧、ダウンロードしたユーザーの数が多すぎます」というエラーが表示されてアクセスできない場合は、開けないファイルを共有しているユーザーが多すぎるのが原因です。

共有ユーザーが多すぎるとファイルの閲覧やダウンロードに時間がかかってしまうので、サーバーに負担がかかってエラーが出ることがあります。

この場合は、しばらく時間をおいてから再度アクセスしてみましょう。

Google ドライブのステータスを確認する

Google ドライブのステータスを確認する

Google ドライブへのアクセスが拒否されるのは、Google ドライブのシステムに何らかの問題が発生している可能性があります。

そのため、以下のリンク先にアクセスしてGoogle ドライブの稼働状況を確認してみましょう。

Google Workspaceステータスダッシュボード:https://www.google.com/appsstatus

上記のリンク先にアクセスしたら、「現在のステータス」の「Google ドライブ」の左横に緑色の丸印が表示されているか確認して下さい。

緑色の丸印が表示されているサービスは正常に稼働していることを表しています。

もしオレンジ色または赤色の丸印が表示されていた場合は、システムに何らかの問題が発生しているので、その時は正常に稼働するまでしばらく待ちましょう。

【Google ドライブ】「アクセスが拒否されました」への対処法《ブラウザ》

ブラウザに何らかの原因があって「アクセスが拒否されました」と表示される場合は、以下の3つの対処法を試すことで改善する可能性が高いです。

  • 別のブラウザを使ってみる
  • 拡張機能を無効にする
  • シークレットモード・プライベートモードを使う

では、以上の3つの対処法をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

別のブラウザを使ってみる

ブラウザでGoogle ドライブにアクセスした時にエラーが表示された場合は、別のブラウザを使って再度アクセスしてみて下さい。

アクセスが拒否された原因がブラウザの何らかの不具合であれば、別のブラウザを使用することでアクセスできるようになるはずです。

拡張機能を無効にする

ChromeやFirefoxなどのブラウザには便利な拡張機能を追加できますが、拡張機能によってはGoogle ドライブとの相性が悪くてファイルの閲覧やダウンロードが上手くできない場合があります。

そのため、以下の手順で一度全ての拡張機能を無効にしてから、再度Google ドライブにアクセスしてみましょう。

Chromeの場合

  1. Google Chromeを起動。
  2. 画面右上のメニューアイコンをクリック。
  3. メニューを開いたら、「その他のツール」→「拡張機能」の順に選択。
  4. 拡張機能のスイッチをクリックして設定をオフ。
  5. Google Chromeを再起動。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。