スマホで見つける、もっと可愛い私

Googleアプリが落ちる!iPhoneでできる対処方法をまとめたよ

Googleアプリが落ちる!iPhoneでできる対処方法をまとめたよ

GoogleでWebサイトや画像などを検索したり、Googleレンズ機能を使ってカメラから目の前にあるものを検索できるGoogleアプリ。

このGoogleアプリを起動している時、なぜか突然落ちてしまって検索できない問題に直面することがあります。

今回は、Googleアプリが落ちる時にiPhoneでできる対処方法について解説していきます!

【iPhone】Googleアプリが落ちるとはどういうこと?

ト

よく「アプリが落ちる」という言葉を耳にしますが、そもそも「アプリが落ちる」とは具体的にどういうことなのか、なぜアプリが落ちるのか詳しく見ていきましょう。

アプリを起動している時に強制終了してしまう

「Googleアプリが落ちる」というのは、Googleアプリを起動した後に画面が固まって強制終了してしまい、ホーム画面に戻ってしまう不具合のことを言います。

Googleアプリでは、起動直後やキーワードを入力して検索しようとした時に落ちてしまうことが多いようです。

一般的にアプリが落ちてしまうのは、以下の原因として考えられます。

  • アプリ本体や端末の一時的な不具合
  • アプリやOSのバージョンが古い
  • 端末のストレージ容量やメモリ不足
  • サーバー障害が発生している

アプリが頻繁に落ちてしまうと快適にネットサーフィンができず、ストレスが溜まってしまうので早めに対処したいところです。

バージョン102.0のアップデートが原因!?

2020年4月下旬ごろ、iPhone向けのGoogleアプリで起動直後や検索時に強制終了してしまう不具合が実際に発生しました。

その時は、ちょうどGoogleアプリのバージョン 102.0のアップデート時期と重なっていたため、バージョン102.0へアップデートしたのが原因だと考えられています。

アプリはバージョンが古いことが原因で不具合が起こる場合がありますが、上記のように最新版へアップデートしたことで不具合が起きる場合もあります。

ちなみに、アップデートが原因で発生したと思われる不具合は現在解消されていますが、今後も同じような原因でアプリが落ちる不具合が起きる可能性もあるので、これを機にアプリが落ちる時の対処方法を覚えておきましょう。

【iPhone】Googleアプリが落ちる!対処方法《アプリ》

iPhoneでGoogleアプリが落ちる時は、まず以下の2つの対処方法を試してみて下さい。

  • バージョンを確認・バージョンアップする
  • アプリを再インストールする

では、以上の2つの対処方法をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

バージョンを確認・バージョンアップする

Googleアプリをバージョン102.0にアップデートしたことが原因で落ちるようになった場合は、それ以降のバージョンにアップデートすることで不具合が解消される可能性が高いです。

iOS 13以降の場合

  1. 「App Store」アプリを起動。
  2. 画面右上のユーザーアイコンをタップ。
  3. 「利用可能なアップデート」に「Google」があった場合は、右側にある「アップデート」をタップ。
iOS 12以前の場合

  1. 「App Store」アプリを起動。
  2. 画面右下の「アップデート」をタップ。
  3. 「入手可能」に「Google」があった場合は、右側にある「アップデート」をタップ。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。